一般病棟における終末期がん患者と家族に対する看取りケア実践の関連要因 : がん看護専門看護師の教育的立場からみた要因の分析

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hirokoku-u/metadata/8781
File
Title
一般病棟における終末期がん患者と家族に対する看取りケア実践の関連要因 : がん看護専門看護師の教育的立場からみた要因の分析
Title Alternative
Related Factors Affecting End-of-Life Nursing Care for Patients with End-Stage Cancer and their Families in General Wards:An analysis of Factors from Educational Viewpoints of Oncology Certified Nurse Specialists
Author
氏名 吉岡 さおり
ヨミ ヨシオカ サオリ
別名 Yoshioka Saori
氏名 森山 美知子
ヨミ モリヤマ ミチコ
別名 Moriyama Michiko
Subject
終末期
がん患者
看取り
家族支援
Abstract

本研究の目的は,一般病棟の看護師による終末期がん患者と家族を支えるための看取りケアの実践
に関連する要因を分析することである.一般病院に勤務するがん看護専門看護師4名に半構造的面接
を実施し,専門看護師の教育的立場からみた関連要因を質的に分析した.
分析の結果【看取りに関する個々の看護師の看護観】【看取りにおける役割意識】【チーム内の質
の高い情報の共有】【スタッフ間の相互作用による看取りに対するチームの価値観の形成】【看取り
に関する個々の看護師の体験】【症状緩和に関する基本的知識と実践能力1[家族看護に関する基本
的知識】【社会資源に関する基本的知識】【終末期看護に必要な理論の基本的知識と実践のリンケー
ジ】【コミュニケーションスキル】の10要因が抽出された.
これらのカテゴリーを基にした量的調査を実施し,一般病棟の看護師を対象とした教育プログラム
を開発していくことが今後の課題である.

Journal Title
広島国際大学看護学ジャーナル
Volume
8
Issue
1
Spage
61
Epage
69
Published Date
2011-03-31
Publisher
広島国際大学看護学部
ISSN
1349-5917  
NCID
AA12052528
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
出版社版
Sort Key
07
Old URI
Set
hirokoku-u