終戦直後の広島における暁設計事務所の活動について : 戦前・戦後の広島における建築家の活動とその役割に関する研究

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hirokoku-u/metadata/9184
ファイル
タイトル
終戦直後の広島における暁設計事務所の活動について : 戦前・戦後の広島における建築家の活動とその役割に関する研究
別タイトル
THE ACTIVITIES OF ARCHITECT'S OFFICE OF AKATUKI DURING THE PERIOD IMMEDIATELY AFTER THE WORLD WAR TWO IN HIROSHIMA : Studies on activities of architects and their roles in Hiroshima before and after the second world war
著者
氏名 李 明
ヨミ リ ミン
別名 Li ming
氏名 石丸 紀興
ヨミ イシマル ノリオキ
別名 Ishimaru Norioki
キーワード
終戦直後
広島
暁設計事務所
村田正
河内義就
大旗正二
period immemdiately
Hiroshima
architect's office of AKATUKI
Tadashi MURATA
抄録

In this paper, some studies are done on the activities of architect's office of Akatsuki, the first architecture office in Hiroshima after the war, and the roles in the reconstruction of Hiroshima city, with observing the experiences of the architects, in the establishment and development of the office mainly. As a result, architect's office of Akatsuki was the pioneer of Hiroshima architects, where Mr. T. Murata, Mr. Y. Kouchi and Mr. S. Ohhata were main members. Although it did not influence the main development of the modern architecture history of Japan remarkably, it indeed played a very important role in the formation and organization of the architecture offices in Hiroshima, and also in the revitalization of Hiroshima.

掲載雑誌名
日本建築学会計画系論文集
537
開始ページ
311
終了ページ
318
出版年月日
2000-11-30
出版者
日本建築学会
ISSN
13404210
NCID
AN10438548
本文言語
日本語
資料タイプ
学術雑誌論文
著者版フラグ
出版社版
権利情報
社団法人日本建築学会/本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
関連URL
旧URI
区分
hirokoku-u