就職面接における不適切回答の検出のための自動タグ付与手法

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hiroshima-cu/metadata/12163
ファイル
タイトル
就職面接における不適切回答の検出のための自動タグ付与手法
別タイトル
Auto-tagging Method to Detect Inadequate Answer at Job Interview
著者
氏名 沖村 秀哉
ヨミ オキムラ シュウヤ
別名 OKIMURA Syuya
氏名 目良 和也
ヨミ メラ カズヤ
別名 MERA Kazuya
氏名 黒澤 義明
ヨミ クロサワ ヨシアキ
別名 KUROSAWA Yoshiaki
氏名 竹澤 寿幸
ヨミ タケザワ トシユキ
別名 TAKEZAWA Toshiyuki
キーワード
就職面接
タグ
自動タグ付与
bag-of-words
CRF
抄録

 大学生の就職率は近年低迷しており,そのような状況の下,就職面接に不安を感じている学生も多い.そのため多くの大学では就職支援課など就職活動全般を支援する場所が設けられているが,支援課の人員も限られているため1人の学生に何度も指導することが困難である.本論文は回答中の各文に対してタグを付与し,その並びの特徴により不適切な回答を検出する手法を提案する.本論文では9種類のタグを自動的に分類するために,bag-of-words 手法に基づいて作成した素性を用いて機械学習を行う.Support vector machine,ニューラルネットワーク,Conditional Random Fields(CRF)を比較した結果,CRFを用いた手法の正解率(55%)が最も良いことが確認できた.

掲載雑誌名
HCGシンポジウム2013 論文集
開始ページ
26
終了ページ
31
出版年月日
2013-12-18
出版者
電子情報通信学会 ヒューマンコミュニケーショングループ
ISSN
1884-3603
本文言語
日本語
資料タイプ
会議発表論文
著者版フラグ
出版社版
権利情報
(C)電子情報通信学会2013
備考

開催日:2013年12月18日~20日
場所:松山市総合コミュニティセンター

区分
hiroshima-cu