漢語の意味変化について : 「迷惑」の続貂

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hiroshima-cu/metadata/12173
ファイル
タイトル
漢語の意味変化について : 「迷惑」の続貂
別タイトル
Changing Meanings of Chinese Origin Words : Continuing Explorations of the Word Meiwaku
著者
氏名 欒 竹民
ヨミ ラン チクミン
別名 LUAN Zhu Min
キーワード
漢語
意味用法
意味変化
「迷惑」
抄録

In the literature of Nara and Heian Periods the meaning of the word meiwaku was primarily the same as the Chinese word it originated from. However, in the late Heian Period it acquired a new usage -gomeiwaku. This may be seen as the first step towards Japanization of this word. In Kamakura Period, on the one hand, it continued to be used in its original Chinese meaning, on the other hand, a new usage konwaku, kutsuu emerged.

査読の有無
掲載雑誌名
広島国際研究 = Hiroshima Journal of International Studies
19
開始ページ
67
終了ページ
79
出版年月日
2013-11-30
出版者
広島市立大学国際学部 (Hiroshima City University, Faculty of International Studies)
ISSN
1341-3546
NCID
AN10485683
本文言語
日本語
資料タイプ
学術雑誌論文
著者版フラグ
出版社版
区分
hiroshima-cu