日本語における漢語の意味変化について : 「結構」の続貂

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hiroshima-cu/metadata/12404
ファイル
タイトル
日本語における漢語の意味変化について : 「結構」の続貂
別タイトル
ニホンゴ ニ オケル カンゴ ノ イミ ヘンカ ニツイテ : 「ケッコウ」 ノ ゾクチョウ
Changing Meanings of Chinese Origin Words : Continuing Explorations of the Word "Kekkō"
著者
氏名 欒 竹民
ヨミ ラン チクミン
別名 LUAN Zhu Min
キーワード
漢語
意味用法
意味変化
抄録

Contrary to the fact that the word “Kekkō” is used in Japanese texts written in characters with the same meaning as in Chinese, in earlier records it not only retained the original meaning, but also gave birth to a new one, that of “a structure or setup” which is absent in Chinese texts. Furthermore, depending on the historical period there were differences in its usage and meaning.

査読の有無
掲載雑誌名
広島国際研究 = Hiroshima Journal of International Studies
23
開始ページ
75
終了ページ
91
出版年月日
2017-11-30
出版者
広島市立大学国際学部 (Hiroshima City University, Faculty of International Studies)
ISSN
1341-3546
NCID
AN10485683
本文言語
日本語
資料タイプ
学術雑誌論文
著者版フラグ
出版社版
備考

本稿は欒竹民平成26 年度海外長期研修による研究成果の一部であり、平成5年広島大学に提出した博士論文の作成と共に調査した資料を基に執筆したものである。

区分
hiroshima-cu