グローバル・ブランディング研究の回顧と展望 : 消費者行動の視点から

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hiroshima-cu/metadata/12443
ファイル
タイトル
グローバル・ブランディング研究の回顧と展望 : 消費者行動の視点から
別タイトル
グローバル・ブランディング ケンキュウ ノ カイコ ト テンボウ : ショウヒシャ コウドウ ノ シテン カラ
Reviewing the Literature of Global Branding : A Consumer Behavior Perspective
著者
氏名 李 玲
ヨミ リ レイ
別名 LI Ling
キーワード
グローバル・ブランド
ローカル・ブランド
グローバル消費文化
ブランド品の意味
消費者行動
抄録

It is said that although international and global brands have existed in one form or another for a long time, formal scholarly inquiry about the specific domain of global brands did not take root until the 1980s. Now the progress of globalization has put global brands on center stage. The current study aims to review the past and present of global branding research from the viewpoint of consumer behavior. It consists of the following three sections: the relationship between global and local brands, especially focused on the construct of perceived brand globality and local iconicity, global consumer culture, and branded product meanings. Finally, a view for future research on market globalization will be discussed.

査読の有無
掲載雑誌名
広島国際研究 = Hiroshima Journal of International Studies
24
開始ページ
47
終了ページ
64
出版年月日
2018-11-30
出版者
広島市立大学国際学部
ISSN
1341-3546
NCID
AN10485683
本文言語
日本語
資料タイプ
学術雑誌論文
著者版フラグ
出版社版
区分
hiroshima-cu