Action Unitの組み合わせを用いた快感情抑圧表現アニメーションの生成

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hiroshima-cu/metadata/12518
File
Title
Action Unitの組み合わせを用いた快感情抑圧表現アニメーションの生成
Title Alternative
Generation of facial animations to express suppressed positive emotion using action units
Action Unit ノ クミアワセ オ モチイタ カイカンジョウ ヨクセイ ヒョウゲン アニメーション ノ セイセイ
Author
氏名 大道 博文
ヨミ オオミチ ヒロフミ
別名 OMICHI Hirofumi
氏名 林 柚季
ヨミ ハヤシ ユズキ
別名 HAYASHI Yuzuki
氏名 目良 和也
ヨミ メラ カズヤ
別名 MERA Kazuya
氏名 黒澤 義明
ヨミ クロサワ ヨシアキ
別名 KUROSAWA Yoshiaki
氏名 竹澤 寿幸
ヨミ タケザワ トシユキ
別名 TAKEZAWA Toshiyuki
Abstract

Expressing emotion is important for communication on the Internet, and some avatars can express their facial expressions. However, it is difficult to create facial animations of an avatar to express complicated emotional states (e.g. happy but embarrassed) for non-expert creators because there is no formulated method proved scientifically. This paper proposes a method to create facial animations to express “suppressed positive emotion” so called “Tsundere” by using combination of action units. In order to apply two types of suppression methods, “neutralized” and “masked,” the action units are chosen by considering “suppressing or suppressed emotion” and “controllable or uncontrollable unit.” 18 facial animations are created and evaluated by Sheffé’s method. As a result, a combination of slight-happy action units and blushing and that of angershaped eyebrows and blushing were the most effective to express “suppressed positive emotion.”

Description

2019年度(第33回):2019年6月4日-6月7日:新潟県新潟市(朱鷺メッセ新潟コンベンションセンター)

Journal Title
人工知能学会全国大会論文集
Volume
33
Spage
1
Epage
4
Published Date
2019
Publisher
人工知能学会
DOI
Language
jpn
NIIType
Conference Paper
Text Version
出版社版
Rights
本著作物の著作権は人工知能学会に帰属します。本著作物は著作権者である人工知能学会の許可のもとに掲載するものです。ご利用に当たっては「著作権法」に従うことをお願いいたします。
Relation URL
Note

4Rin1-14
本研究の一部は国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の研究成果展開事業「センター・オブ・イノベーション(COI)プログラム」の支援によって行われている

Set
hiroshima-cu