北朝鮮人権問題への国際社会と韓国のアプローチの考察 : 安全保障と人権改善のジレンマをめぐって

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hiroshima-cu/metadata/12536
ファイル
タイトル
北朝鮮人権問題への国際社会と韓国のアプローチの考察 : 安全保障と人権改善のジレンマをめぐって
別タイトル
キタチョウセン ジンケン モンダイ エノ コクサイ シャカイ ト カンコク ノ アプローチ ノ コウサツ : アンゼン ホショウ ト ジンケン カイゼン ノ ジレンマ オ メグッテ
The Approaches of the International Community and South Korea to Human Rights Issues in North Korea : The Dilemma between Security and Human Rights
著者
氏名 金 栄鎬
ヨミ キム ヨンホ
別名 KIM Yeongho
キーワード
北朝鮮
人権
多国間主義
韓国
保守vs進歩
ヘルシンキ・プロセス
ASEAN方式
抄録

For more than twenty years North Korea’s nuclear development and human rights abuses have concerned the international society, particularly the United States, South Korea, and Japan. After the UN Commission of Inquiry on Human Rights in the DPRK released its report in 2014, concerns about human rights in North Korea entered a new phase in relation to Northeast Asia’s multilateral cooperation and inter-Korean relations. Multilateral cooperation on the Korean peninsula and in Northeast Asia, however, has not reached any kind of consensus for improving the condition of human rights in North Korea. This paper reviews the past twenty years of multilateral and bilateral efforts to tackle the problem of North Korean human rights and analyses the disputes between conservatives and progressives regarding South Korea’s policy toward North Korea.

査読の有無
掲載雑誌名
広島国際研究 = Hiroshima Journal of International Studies
25
開始ページ
1
終了ページ
16
出版年月日
2019-11-30
出版者
広島市立大学国際学部 (Hiroshima City University, Faculty of International Studies)
ISSN
1341-3546
NCID
AN10485683
本文言語
日本語
資料タイプ
学術雑誌論文
著者版フラグ
出版社版
区分
hiroshima-cu