部分回路除去に対する含意関係の不変性について

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hiroshima-cu/metadata/4749
File
Title
部分回路除去に対する含意関係の不変性について
Title Alternative
On Invaliant Implication Relataions for Removing Partial Circuits
Author
氏名 市原 英行
ヨミ イチハラ ヒデユキ
別名 ICHIHARA Hideyuki
氏名 梶原 誠司
ヨミ カジハラ セイジ
別名 KAJIHARA Seiji
氏名 樹下 行三
ヨミ キノシタ コウゾウ
別名 KINOSHITA Kozo
Subject
テスト生成
静的学習
論理合成
含意関係
冗長除去
Abstract

大規模論理回路の簡単化のためにはテスト生成手法を応用することが有効であるが,そこではテスト生成アルゴリズムのSOCRATESで用いられる静的学習で得られる回路内部の信号線の信号値の含意関係を利用することが重要な役割を占めている.しかしながら,信号値の含意関係は回路構造に依存するため,多段階に回路変換を繰り返す場合には,変換ごとに含意関係を求め直す必要があった.本論文では,回路内の一部のゲートや信号線を除去するような回路変換において,変換前の回路に対する静的学習で得られた含意関係のうち,どのようなものが変換後の回路で無効になるかを考察する.次に冗長除去において,静的学習をやり直さなくても回路変換前後で不変である含意関係を冗長判定に用いて,冗長除去を効率化する手法を提案する.ベンチマーク回路に対する実験では,従来手法と比較して,本手法により約60倍の高速化した例が存在した.

Description Peer Reviewed
Journal Title
電子情報通信学会論文誌. D-I, 情報・システム, I-コンピュータ
Volume
J79-D-1
Issue
12
Spage
1037
Epage
1045
Published Date
1996-12-25
Publisher
電子情報通信学会
ISSN
09151915
NCID
AN10071319
Language
jpn
NIIType
Journal Article
Text Version
出版社版
Rights
copyright©1996 IEICE
Relation URL
Old URI
Set
hiroshima-cu