CALL利用英語集中訓練プログラムの正規英語科目への応用(Ⅳ) : 学習効果と学習時間・学習量の関係および前・後期連続受講における後期の伸びに注目して

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hiroshima-cu/metadata/5019
ファイル
タイトル
CALL利用英語集中訓練プログラムの正規英語科目への応用(Ⅳ) : 学習効果と学習時間・学習量の関係および前・後期連続受講における後期の伸びに注目して
別タイトル
Turning the Computer-Assisted Intensive English Training Program (IETW) into a Regular English Course(IV)
著者
氏名 渡辺 智恵
ヨミ ワタナベ トモエ
別名 WATANABE Tomoe
キーワード
英語教育
CALL
TOEIC
リーディング
リスニング
文法
学習時間
教材消化率
抄録

The purpose of this paper is to examine the effectiveness of a computer-assisted English training course.
Using the scores of the TOEIC tests administered before and after the course,t he author examined the participants' performance and the relationship between the participants' TOEIC gains and their study time and workload. The findings indicated that the longer the study time and the greater the study workload,the more TOEIC gains were achieved. The author also discussed why the TOEIC gains from the fall semester were very small.

掲載雑誌名
広島国際研究 = Hiroshima Journal of International Studies
15
開始ページ
75
終了ページ
88
出版年月日
2009-11-30
出版者
広島市立大学国際学部 (Hiroshima City University, Faculty of International Studies)
ISSN
13413546
NCID
AN10485683
本文言語
日本語
資料タイプ
学術雑誌論文
著者版フラグ
出版社版
旧URI
区分
hiroshima-cu