言語真理値を用いた情緒計算手法の連休修飾節への応用

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hiroshima-cu/metadata/5485
File
Title
言語真理値を用いた情緒計算手法の連休修飾節への応用
Title Alternative
Approach of Noun Modifier with verb by Linguistic Truth Value
Author
氏名 目良 和也
ヨミ メラ カズヤ
別名 MERA Kazuya
氏名 市村 匠
ヨミ イチムラ タクミ
別名 ICHIMURA Takumi
氏名 山下 利之
ヨミ ヤマシタ トシユキ
別名 YAMASHITA Toshiyuki
氏名 三木 睦明
ヨミ ミキ ヨシアキ
別名 MIKI Yoshiaki
Subject
情緒計算手法
連帯修飾節
ファジィ真理値限定
好感度
Abstract

相手が発した文章の内容を,相手の好き嫌いの基準をもとに解析し,そこから相手の情緒を推測する手法として,情緒計算手法が提案されている.しかしこの手法では,連体修飾構造,特に節構造による連体修飾の際の好感度計算について有効であるとは言えず,これらの情緒空間に対して,例外処理となっていた.本研究ではこのような問題点を解決するため,連体修飾節の好感度計算に対して,ファジィ真理値限定を適用することによって,適切な計算と処理の統一を試みた.ファジィ真理値限定における真理値計算のうち,言語真理値による影響を修飾節の内容による影響と見なして計算を行う.その際,"好き"の度合を表す真理値と"嫌い"の度合を表す真理値を別々に用意し,被修飾語の持つ好感度に対して,修飾節の影響が打ち消す方向に大きければ,修飾構造全体の好感度を好きから嫌い,嫌いから好きへと変化させる.さらに,情緒計算手法の処理手順についても,効率化を図った.本手法を童話「かちかち山」に現れた連体修飾節に適用した結果を述べる. / The Emotion Generating Calculations (EGCs) can calculate human's emotions based on personal favorite values. The favorite values indicate the degree of likes/dislikes for some predefined objects. In this paper, we apply the "limitation of fuzzy truth value" method for evaluating the impression of noun clause. We consider that the relationship between the "truth value of fuzzy proposition" and the "linguistic truth value" is the same as that between a modified word and the modifier clause. An object has two types of truth values for like and dislike. The validity of this method is examined for some examples of noun modifier with verb in Japanese fairy tale "KACHIKACHIYAMA."

Description Peer Reviewed
Journal Title
知能と情報 : 日本知能情報ファジィ学会誌 : journal of Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics
Volume
15
Issue
4
Spage
465
Epage
474
Published Date
2003-08-15
Publisher
日本知能情報ファジィ学会
ISSN
13477986
NCID
AA1181479X
NAID
110002667667
Language
jpn
NIIType
Journal Article
Text Version
出版社版
Rights
copyright©2003日本知能情報ファジィ学会
本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである。
Relation
isVersionOf:http://ci.nii.ac.jp/naid/110002667667
Old URI
Set
hiroshima-cu