自己組織化マップを用いた相談内容分類手法

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hiroshima-cu/metadata/5511
File
Title
自己組織化マップを用いた相談内容分類手法
Title Alternative
Counseling Context Classifying Method using Self Organizing Map
Author
氏名 目良 和也
ヨミ メラ カズヤ
別名 MERA Kazuya
氏名 市村 匠
ヨミ イチムラ タクミ
別名 ICHIMURA Takumi
Subject
学校カウンセリング
情緒計算手法
自己組織化マップ
形態素
Abstract

Recently, our life style has two kinds of communities, one is a real face-to-face communication and the other is virtual communication in the internet. Especially, the SNS (Social Network Service) has been familiar with face-to-face communication. In school SNS, counseling system for university students has been developed. When the system receives a request for counseling, the scheduling function assigns the counseling to an appropriate counselor by the adjustment of schedules. Simultaneously, the system analyzes the contents of counseling requests from the students to classify them into three patterns {living, study, and job} by morphological properties. This method analyzes the distribution of morphemes in the sentence by using Self Organizing Map. The system can show the results of type of their counseling requests and degrees. / 多くの学生は何らかの悩みに直面したとき,同じ学生コミュニティ内のメンバーに相談することが多い.しかし,単位制度や就職活動など学生コミュニティ内では解決できない悩みもある.そのようなとき,学生コミュニティ外に相談相手を見つけて相談することになるが,言語表現や価値観などがコミュニティ内外で異なることもあり,悩みの内容や状態を適切に理解できない恐れがある.そこで本研究では,ユーザが記述した悩み相談文面を解析し,その言語的特徴からユーザの悩みのジャンル(暮らし,学び,仕事)を判別する手法を提案する.この手法では,悩み相談文面に含まれる形態素の分布を自己組織化マップを使って解析し,ジャンル判別を行う.また,各悩みジャンルの観点から悩み相談文面に内包される感情を計算し,ユーザに提示する手法も提案する.さらに,本相談内容理解支援機能を持った,カウンセリングスケジュール管理システムも構築した.

Journal Title
第24回ファジィシステムシンポジウム講演論文集
Spage
314
Epage
317
Published Date
2008
Publisher
日本知能情報ファジィ学会
Language
jpn
NIIType
Conference Paper
Text Version
出版社版
Rights
Copyright (c) 2008 日本知能情報ファジィ学会
Old URI
Set
hiroshima-cu