XMLを用いた好感度情報表現手法

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hiroshima-cu/metadata/5515
File
Title
XMLを用いた好感度情報表現手法
Title Alternative
Personal Preference Expressing Method using XML
Author
氏名 目良 和也
ヨミ メラ カズヤ
別名 MERA Kazuya
氏名 市村 匠
ヨミ イチムラ タクミ
別名 ICHIMURA Takumi
Subject
好感度
XML
感情
Abstract

We propose a method to maintain personal preference information for each concept and instance. We express such concepts and instances by XML format. The concepts are classified into three types; object concept, attribute concept, and action concept. The concept data manage the relationship with the other concepts and the aroused emotions from the events which imply the target concept. Then, favorite value (FV) of the concept is calculated from the relating concepts and the reminded emotions. Our method is applied into a fairy tale "little red cap" and calculate the FVs of the concepts and instances based on 48 concept/attribute data. / 現在,人間とコンピュータ間のインタラクションや感性情報処理など,ユーザの感情や感性を考慮した手法に注目が集まっている.しかし,膨大で個人差の大きいこれらの情報を手動で全て与えることは困難であり,また,一度コンピュータに入力したとしても,その後のユーザの経験や学習によって,嗜好情報が変化することも大いにありうる.そこで本研究では,概念や具体物に対してユーザが持つ嗜好情報を管理するため,概念間の関係や対象概念から連想される感情情報を考慮した好感度情報の表現手法を提案する.本手法では,物概念,属性概念,行動概念,インスタンスの4種類の概念を扱い,各概念内には,関連概念や連想情緒,好感度などを表す情報がXML形式で記述されている.関連概念や連想情緒は新しい情報が入力されるたびに更新され,それに沿って各概念の好感度の値も再計算される.

Journal Title
第21回ファジィシステムシンポジウム講演論文集
Spage
393
Epage
396
Published Date
2005
Publisher
日本知能情報ファジィ学会
Language
jpn
NIIType
Conference Paper
Text Version
出版社版
Rights
Copyright (c) 2005 日本知能情報ファジィ学会
Old URI
Set
hiroshima-cu