TV受信波を用いたヒト検知システムにおける時間ダイバーシチの適用

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hiroshima-cu/metadata/5890
File
Title
TV受信波を用いたヒト検知システムにおける時間ダイバーシチの適用
Title Alternative
Application of Time Delay Diversity to Human Detection System Using TV Receiving Waves
Author
氏名 坂本 靖紀
ヨミ サカモト ヤスキ
別名 SAKAMOTO Yasuki
氏名 高橋 茂
ヨミ タカハシ シゲル
別名 TAKAHASHI Shigeru
氏名 西 正博
ヨミ ニシ マサヒロ
別名 NISHI Masahiro
氏名 吉田 彰顕
ヨミ ヨシダ テルアキ
別名 YOSHIDA Teruaki
Abstract

本研究室では新しい防犯システムとして,UHF帯TV受信波を用いたヒト検知システムを提案している.現在のシステムでは,1秒前との受信レベルの変動幅(以下,変動レベル)を解析し,そのレベルがある閾値を超えるか否かで室内のヒトの有無を識別している.しかし,ヒトの動きは様々であり,1秒前との変動レベルのみでは確実に検知できない動きがある.したがって,ヒトの動きに対する様々な受信レベル変動にも対応できるような,より高精度な検知方法の検討が必要である.本研究では,様々な受信レベル変動の検知を実現するため,時間ダイバーシチ(TDD: Time Delay Diversity)の概念を取り入れ,様々な時間差による変動レベルを用いる新たなヒト検知方法を検討した.本提案方法を適用した実験結果より,ヒト検知確率が30%改善できることを明らかにした. / We have proposed the new human detection system using UHF band TV receiving waves. This system can detect the human presence in a room by monitoring whether the fluctuation level that is the difference of the received levels every one second exceeds a threshold or not. However, this system has a possibility of overlooking some fluctuation levels due to human various movements. Therefore, in our system, it is necessary to investigate the high accuracy detection method which can response various fluctuation levels with fading durations more or less than one second. In order to achieve the detection of the various fluctuation levels, we have studied the new human detection method with the Time Delay Diversity (TDD) technique.

Journal Title
情報処理学会研究報告. MBL, [モバイルコンピューティングとユビキタス通信研究会研究報告]
Volume
2006
Issue
120
Spage
1
Epage
6
Published Date
2006-11-16
Publisher
社団法人情報処理学会
ISSN
0919-6072
NCID
AA11851388
NAID
110005716420
Language
jpn
NIIType
Technical Report
Text Version
出版社版
Rights
ここに掲載した著作物の利用に関する注意:本著作物の著作権は(社)情報処理学会に帰属します。本著作物は著作権者である情報処理学会の許可のもとに掲載するものです。ご利用に当たっては「著作権法」ならびに「情報処理学会倫理綱領」に従うことをお願いいたします。 / The copyright of this material is retained by the Information Processing Society of Japan (IPSJ). This material is published on this web site with the agreement of the author (s) and the IPSJ. Please be complied with Copyright Law of Japan and the Code of Ethics of the IPSJ if any users wish to reproduce, make derivative work, distribute or make available to the public any part or whole thereof. All Rights Reserved, Copyright (C) Information Processing Society of Japan.
本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
Relation
isVersionOf:http://ci.nii.ac.jp/naid/110005716420
Relation URL
Old URI
Set
hiroshima-cu