通信・放送融合型の動的情報配信アルゴリズムの提案

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hiroshima-cu/metadata/5894
File
Title
通信・放送融合型の動的情報配信アルゴリズムの提案
Title Alternative
Proposal of Dynamic Distribution Algorithm Using Both Communication and Broadcast Links
Author
氏名 西 正博
ヨミ ニシ マサヒロ
別名 NISHI Masahiro
氏名 岡村 義己
ヨミ オカムラ ヨシミ
別名 OKAMURA Yoshimi
氏名 吉田 彰顕
ヨミ ヨシダ テルアキ
別名 YOSHIDA Teruaki
氏名 渥美 幸雄
ヨミ アツミ ユキオ
別名 ATSUMI Yukio
氏名 高橋 修
ヨミ タカハシ オサム
別名 TAKAHASHI Osamu
Abstract

現在,UHF帯地上テレビ放送のデジタル化が進められており,地上デジタル放送波が,放送プログラムだけでなく,デジタルコンテンツの情報配信メディアとして大きな期待を集めている.放送波のデジタル化により,移動通信システムと地上デジタル放送システムを融合できる環境が整ってきた.本研究では,地上デジタル放送メディアを1対Nのマルチキャスト伝送リンク,移動通信メディアを1対1のユニキャスト伝送リンクとして考え,両リンクを組み合わせて使用することにより,効率的に情報を配信できる方法を検討した.マルチキャストリンクでは,空間に分布する利用者に対して,同報的に情報を配信することが可能であるが,より多くの利用者に配信するためには配信時間間隔を大きくする必要があり,利用者が情報取得するまでの待ち時間は増大する.一方,ユニキャストリンクでは,利用者の要求に対してリアルタイムに情報を配信することが可能であるが,要求が集中したときには幅輸が発生しやすくなる.以上のリンク特性を考慮して,本研究では,要求された情報をマルチキャストリンクとユニキャストリンクのいずれかに動的に振り分けて配信する通信・放送融合型の動的情報配信アルゴリズムを新たに提案し,シミュレーションによって提案アルゴリズムの有効性を評価した. / In this paper, a new type of information distribution method adaptively using wireless multicast and unicast links is proposed in order to effectively provide the future information services. The future information services will be provided in the communication and broadcasting integrated platforms where existent mobile communication systems and terrestrial digital Ty broadcasting systems will be effectively fused. What kind of wireless link will be suitable for delivering data? The wireless multicast link such as the broadcasting link is suitable for multicast services to spatially distributed users. However it needs to wait for some time to effectively deliver data to more users. Meanwhile the wireless unicast link such as the mobile communication link is suitable for real time services. However when there are many requested data tt deliver, the unicast link may be congested soon. 0ur proposed information distribution method can adaptively utilize both wireless multicast and unicast link so as to reduce the waiting time until users receive the requested data. This paper shows the concept and the control algorithm of our proposed dynamic distribution method, and computer simulation results show the validity of the proposed algorithm.

Description Peer Reviewed
Journal Title
情報処理学会論文誌
Volume
45
Issue
12
Spage
2608
Epage
2618
Published Date
2004-12-15
Publisher
社団法人情報処理学会
ISSN
0387-5806
NCID
AN00116647
NAID
110002768451
Language
jpn
NIIType
Journal Article
Text Version
出版社版
Rights
ここに掲載した著作物の利用に関する注意:本著作物の著作権は(社)情報処理学会に帰属します。本著作物は著作権者である情報処理学会の許可のもとに掲載するものです。ご利用に当たっては「著作権法」ならびに「情報処理学会倫理綱領」に従うことをお願いいたします。 / The copyright of this material is retained by the Information Processing Society of Japan (IPSJ). This material is published on this web site with the agreement of the author (s) and the IPSJ. Please be complied with Copyright Law of Japan and the Code of Ethics of the IPSJ if any users wish to reproduce, make derivative work, distribute or make available to the public any part or whole thereof. All Rights Reserved, Copyright (C) Information Processing Society of Japan.
本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
Relation
isVersionOf:http://ci.nii.ac.jp/naid/110002768451
Relation URL
Old URI
Set
hiroshima-cu