多値数を2の自然数乗としない多値QAM方式の構成と誤り率特性の検討

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hiroshima-cu/metadata/5905
ファイル
タイトル
多値数を2の自然数乗としない多値QAM方式の構成と誤り率特性の検討
別タイトル
Study on Configuration and Error Ratio Performance of M-QAM Whose Number of Signal Points Is Not a Power of 2
著者
氏名 野田 誠一
ヨミ ノダ セイイチ
別名 NODA Seiichi
氏名 斉藤 洋一
ヨミ サイトウ ヨウイチ
別名 SAITO Yoichi
氏名 吉田 彰顕
ヨミ ヨシダ テルアキ
別名 YOSHIDA Teruaki
キーワード
シンボル誤り率
ビット誤り率
適応変調
抄録

本論文は, 多値数Mを2の自然数乗としない多値変調方式(M-QAM: M-Quadrature Amplitude Modulation)の実現性を明らかにする.実用上の問題点は, M-QAM信号1シンボルが整数ビットに対応しないため構成が複雑になり, シンボル誤りがビット誤りに単純に変換されないことである.そこで, 構成の簡素化及びビット誤り率(BER)特性の最小化の観点から, バイナリー系列を有相関の複数シンボルに変換する多次元符号化(2値/M値変換)手法を提案し, シンボル誤り率(SER)及びビット誤り率(BER)の理論式を明らかにする.32QAMと64QAMの間として40QAM, 44QAM, 48QAM, 56QAM, 60QAMのSER特性を示す.また, pを3以上の整数として多値数を3×2^<p-1>とするQAM方式の構成を示し, 特に12QAM, 24QAMのSER特性の理論値を示し, BER特性の理論値を差動符号化の適用の有無の条件で示すとともにコンピュータシミュレーションにより検証する.以上の結果から, M-QAM方式は適応変調方式の選択肢を広げる意味でも有効であることを述べる.

査読の有無
掲載雑誌名
電子情報通信学会論文誌. B, 通信
J88-B
5
開始ページ
921
終了ページ
932
出版年月日
2005-05-01
出版者
社団法人電子情報通信学会
ISSN
1344-4697
NCID
AA11325909
NAID
110003203103
本文言語
日本語
資料タイプ
学術雑誌論文
著者版フラグ
出版社版
権利情報
copyright©2005IEICE
関連URL
旧URI
区分
hiroshima-cu