インタフェースソフトウェア部品の再利用モデル

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hiroshima-cu/metadata/5930
File
Title
インタフェースソフトウェア部品の再利用モデル
Title Alternative
REUSE MODEL FOR INTERFACE SOFTWARE PARTS
Author
氏名 岩根 典之
ヨミ イワネ ノリユキ
別名 IWANE Noriyuki
氏名 木下 哲男
ヨミ キノシタ テツオ
別名 KINOSHITA Tetsuo
Abstract

ソフトウェアの利用/再利用を支援するための部品化モデルとインタフェースソフトウェアを対象とした部品知識の表現/利用モデルの枠組みについて述べる。部品化モデルは,ドメイン分析の手段を与える表現モデルと段階的知識獲得の手段を与える利用モデルからなる.表現モデルからインタフェースソフトウェアの部品知識の表現形式が構成される.更に,利用モデルに基づいてインタフェースソフトウェア部品の利用/再利用を促進するための部品知識の表現形式が構成される. / Models for representing and utilizing knowledge of interface software modules, based on a model for formalizing software parts to support use/reuse, will be discussed. The formalization model consists of two models, i.e., the representation model and utilization model of parts knowledge which offer methods for domain analysis and incremental knowledge acquisition. The knowledge representation language for interface software parts is constructed from the representation model. On the other hand, use/reuse oriented knowledge structure is constructed from the utilization model.

Journal Title
情報処理学会研究報告. ソフトウェア工学研究会報告
Volume
95
Issue
25
Spage
57
Epage
64
Published Date
1995-03-09
Publisher
社団法人情報処理学会
ISSN
0919-6072
NCID
AN10112981
NAID
110002931689
Language
jpn
NIIType
Technical Report
Text Version
出版社版
Rights
本著作物の著作権は(社)情報処理学会に帰属します。本著作物は著作権者である情報処理学会の許可のもとに掲載するものです。ご利用に当たっては「著作権法」ならびに「情報処理学会倫理綱領」に従うことをお願いいたします。 / The copyright of this material is retained by the Information Processing Society of Japan (IPSJ). This material is published on this web site with the agreement of the author (s) and the IPSJ. Please be complied with Copyright Law of Japan and the Code of Ethics of the IPSJ if any users wish to reproduce, make derivative work, distribute or make available to the public any part or whole thereof. All Rights Reserved, Copyright (C) Information Processing Society of Japan.
Relation URL
Old URI
Set
hiroshima-cu