上肢運動リハビリテーション支援システムのための力覚フィードバック機能の検討

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hiroshima-cu/metadata/5931
File
Title
上肢運動リハビリテーション支援システムのための力覚フィードバック機能の検討
Title Alternative
Consideration of Force Feedback Function in the Motor Rehabilitation Support System for Upper Limb
Author
氏名 神邊 篤史
ヨミ カンベ アツシ
別名 KANBE Atsushi
氏名 松原 行宏
ヨミ マツバラ ユキヒロ
別名 MATSUBARA Yukihiro
氏名 岩根 典之
ヨミ イワネ ノリユキ
別名 IWANE Noriyuki
Subject
上肢運動
リハビリテーション支援システム
力覚フィードバック
ボール投げ
Abstract

リハビリテーションにおいては,力覚フィードバックを提示することで,関節可動域の拡大などに対し効果的に寄与すると考えられている.そこで,我々は力覚フィードバック機能を用いた上肢運動リハビリテーション支援システムの開発を目指している.反力デバイスを用い仮想訓練環境でボールを投げることで,重さ感覚を知覚しながら腕の動きを訓練することができるようにする.投げる動作は上肢運動の中でも数多くの種類を必要とすることから比較的難しいため,四つのステップに分け,障害当事者にとって難易度に応じた訓練の選択が可能な環境を構築した.また,目的動作の達成を支援するために,腕の動きの表示などを行った.本研究では特にシステムの基本的な機能である,力覚フィードバック機能を導入することで,より効果的な訓練が実施できるかどうかの検討を行った.また,仮想訓練環境内に表示される腕の動きの表示機能の有効性についても考察した.その結果,表示を見て腕を動かすこと,反力を感じながら動作をすることで,より正確に動作をすることができた.

Description Peer Reviewed
Journal Title
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム
Volume
J91-D
Issue
2
Spage
314
Epage
323
Published Date
2008-02-01
Publisher
社団法人電子情報通信学会
ISSN
1880-4535
NCID
AA12099634
NAID
110007385916
Language
jpn
NIIType
Journal Article
Text Version
出版社版
Rights
copyright©2008 IEICE
Relation URL
Old URI
Set
hiroshima-cu