進化論に基づくニューラルネットワークの構造適応学習アルゴリズムの構成

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hiroshima-cu/metadata/6000
ファイル
タイトル
進化論に基づくニューラルネットワークの構造適応学習アルゴリズムの構成
別タイトル
A Synthesis of Structural Adaptive Learning Algorithm in Neural Network Based on the Theory of Evolution
著者
氏名 大枝 真一
ヨミ オオエダ シンイチ
別名 OEDA Shinichi
氏名 市村 匠
ヨミ イチムラ タクミ
別名 ICHIMURA Takumi
氏名 寺内 睦博
ヨミ テラウチ ムツヒロ
別名 TERAUCHI Mutsuhiro
氏名 高濱 徹行
ヨミ タカハマ テツユキ
別名 TAKAHAMA Tetsuyuki
氏名 磯道 義典
ヨミ イソミチ ヨシノリ
別名 ISOMICHI Yoshinori
抄録

工学的側面からGAとニューラルネットワークの融合に関する研究がなされてきたが,学習期間中に教師信号に変化が及ぶ,"動的性質"を持つ実験環境上での議論が乏しいのが現状であった.そこで本論文では,自然界の生物が進化と学習によって様々に変化する環境に適応する過程を模倣した,進化論に基づく構造適応学習アルゴリズムを提案する.提案する手法は,学習中に教師信号に変化が及んだ場合でも,学習を初期状態から行うのではなく,ネットワーク構造や結合荷重ベクトル,学習パラメータ値の継承を考慮する適応的な学習を可能とするものである.提案した手法の有効性を検証するために,1変数関数の同定および10bits問題に適用した結果をここに報告する.
From the point of view of engineering, many researchers have been engaged in the combination of neural networks and genetic algorithms. However, their discussion has been limited to an environment of fixed training data during learning phase. In this paper, we propose a structural adaptive learning algorithm in neural network based on the theory of evolution. Our proposed method imitates the processes that living things adapt their structures according to the various of environments by evolution and learning. In this method, once teaching data change during learning under dynamic environments, the learning doesn't start to train from the initial state again. This method is useful for adaptive learning which can take into account inheritance of the network structure, the connection weights vector, and the learning parameters. To verify the effectiveness of our proposed method, we applied the method to an identification of a Gauss function and a 10 bits problem where an output is determined according to 10 input signals in an environment.

査読の有無
掲載雑誌名
情報処理学会論文誌
43
8
開始ページ
2728
終了ページ
2738
出版年月日
2002-08-15
出版者
社団法人情報処理学会
ISSN
0387-5806
NCID
AN00116647
NAID
110002726460
本文言語
日本語
資料タイプ
学術雑誌論文
著者版フラグ
出版社版
権利情報
本著作物の著作権は(社)情報処理学会に帰属します。本著作物は著作権者である情報処理学会の許可のもとに掲載するものです。ご利用に当たっては「著作権法」ならびに「情報処理学会倫理綱領」に従うことをお願いいたします。 / The copyright of this material is retained by the Information Processing Society of Japan (IPSJ). This material is published on this web site with the agreement of the author (s) and the IPSJ. Please be complied with Copyright Law of Japan and the Code of Ethics of the IPSJ if any users wish to reproduce, make derivative work, distribute or make available to the public any part or whole thereof. All Rights Reserved, Copyright (C) Information Processing Society of Japan.
本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
関連情報
isVersionOf:http://ci.nii.ac.jp/naid/110002726460
関連URL
旧URI
区分
hiroshima-cu