低精度の近似モデルを用いた比較推定法によるDifferential Evolutionにおける関数評価回数の削減

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hiroshima-cu/metadata/6021
File
Title
低精度の近似モデルを用いた比較推定法によるDifferential Evolutionにおける関数評価回数の削減
Title Alternative
Reducing the Number of Function Evaluations in Differential Evolution by Estimated Comparison Method Using an Approximation Model with Low Accuracy
Author
氏名 高濱 徹行
ヨミ タカハマ テツユキ
別名 TAKAHAMA Tetsuyuki
氏名 阪井 節子
ヨミ サカイ セツコ
別名 SAKAI Setsuko
氏名 原 章
ヨミ ハラ アキラ
別名 HARA Akira
Subject
ポテンシャルモデル
differential evolution
関数近似
進化的アルゴリズム
Abstract

Differential Evolution (DE)は探索効率や頑健性の高さから多くの分野で利用されているが,関数評価の計算コストが高い問題などに対応するために,更なる関数評価回数の削減が望まれている.関数評価回数を削減する方法として,関数の近似モデルを構成し,近似値(推定値)を利用して探索を行う研究が活発に行われている.しかし,近似モデルの汎化性能を十分に高めるように学習するのは容易ではなく,更に近似モデルの学習に時間が掛かるという問題がある.本研究では,推定値を用いた比較を導入し,近似誤差に配慮した余裕を与えることにより,低精度の近似モデルを用いても効率的に評価回数が削減できる比較推定法を提案する.低精度の近似モデルとしては,ポテンシャルを用いた学習不要なモデルを用いる.本方法をDE, DEに比較推定法を適用した方法,及び世代交代モデルMGGにおいて関数評価回数を削減したSaving MGGと比較することにより,比較推定法の有効性を示す.

Description Peer Reviewed
Journal Title
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム
Volume
J91-D
Issue
5
Spage
1275
Epage
1285
Published Date
2008-05-01
Publisher
社団法人電子情報通信学会
ISSN
1880-4535
NCID
AA12099634
NAID
110007380118
Language
jpn
NIIType
Journal Article
Text Version
出版社版
Rights
copyright©2008 IEICE
Relation URL
Old URI
Set
hiroshima-cu