再投影誤差最小化による建物画像列からの全周形状の一括復元

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hiroshima-cu/metadata/6525
File
Title
再投影誤差最小化による建物画像列からの全周形状の一括復元
Title Alternative
Batch Structure from Motion for Entire 3D Shape Recovery from a Building Image Sequence Based on Reprojection Error Minimization
Author
氏名 椋木 雅之
ヨミ ムクノキ マサユキ
別名 MUKUNOKI Masayuki
氏名 右田 剛史
ヨミ ミギタ ツヨシ
別名 MIGITA Tsuyoshi
氏名 天野 晃
ヨミ アマノ アキラ
別名 AMANO Akira
氏名 青山 正人
ヨミ アオヤマ マサヒト
別名 AOYAMA Masahito
氏名 浅田 尚紀
ヨミ アサダ ナオキ
別名 ASADA Naoki
Abstract

本論文では,屋外建物の全周形状復元問題に対して,簡便な初期値設定を行い,非線形最適化により直接解を求めることを提案する.画像列からの形状復元問題は,一般に非線形最適化問題となるが,非線形最適化では,初期値設定により局所解におちいり,正解が得られないことが問題とされていた.本論文で利用する初期値設定は,全周復元の問題設定を反映したものであり,実場面において比較的広く適用できる.また,局所解におちいった場合に,解を修正することにより正しい形状復元を行う手法も提案する.最後に,画像数数百枚,特徴点数数百点の規模のシミュレーションおよび実画像を用いた実験によって,本手法の有効性を示す. / We propose a procedure for recovering entire 3D shape from a building image sequence with non-linear optimization method. In this case, the initial values of the unknown variables in the optimization process is crucial. Thus the direct application of the non-linear optimization process has not been fully used in shape recovery. In this paper, first, we investigate an initialization method, which is very simple and relatively generic to the building shape recovery problem. Then, we propose a method for restoring the optimization process from a local minimum. Experimental results using real and synthetic image have shown that our algorithm stably recover 3D shapes.

Journal Title
情報処理学会研究報告. CVIM, [コンピュータビジョンとイメージメディア]
Volume
2004
Issue
6
Spage
81
Epage
88
Published Date
2004-01-22
Publisher
社団法人情報処理学会
ISSN
0919-6072
NCID
AA11131797
NAID
110002664170
Language
jpn
NIIType
Technical Report
Text Version
出版社版
Rights
本著作物の著作権は(社)情報処理学会に帰属します。本著作物は著作権者である情報処理学会の許可のもとに掲載するものです。ご利用に当たっては「著作権法」ならびに「情報処理学会倫理綱領」に従うことをお願いいたします。 / The copyright of this material is retained by the Information Processing Society of Japan (IPSJ). This material is published on this web site with the agreement of the author (s) and the IPSJ. Please be complied with Copyright Law of Japan and the Code of Ethics of the IPSJ if any users wish to reproduce, make derivative work, distribute or make available to the public any part or whole thereof. All Rights Reserved, Copyright (C) Information Processing Society of Japan.
本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
Relation
isVersionOf:http://ci.nii.ac.jp/naid/110002664170
Relation URL
Old URI
Set
hiroshima-cu