アドホックネットワークにおける適応的クラスタリング手法

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hiroshima-cu/metadata/6657
File
Title
アドホックネットワークにおける適応的クラスタリング手法
Title Alternative
An Adaptive Clustering Scheme for Highly Mobile Ad Hoc Networks
Author
氏名 大田 知行
ヨミ オオタ トモユキ
別名 OHTA Tomoyuki
氏名 井上 伸二
ヨミ イノウエ シンジ
別名 INOUE Shinji
氏名 角田 良明
ヨミ カクダ ヨシアキ
別名 KAKUDA Yoshiaki
Subject
アドホックネットワーク
クラスタリング
Abstract

アドホックネットワークにおいて,クラスタリングは多数の端末を階層的に効率良く管理,また,周波数等の資源を効率良く割り当てるために用いられる.アドホックネットワークでは,ノードの移動により,トポロジ変化が頻繁に起こる.その結果,クラスタの再構成が頻繁に起こってしまう.ノードの移動速度が速くなるにつれ,クラスタの再構成はさらに頻繁に起こる可能性がある.この頻繁に起こるトポロジ変化に対して,ネットワーク全体ではなく,各ノードが自律的,かつ,局所的に適応してクラスタリングを行なう必要がある.また,ネットワーク中の各クラスタのサイズをできるだけ均一にすることにより,ノードの密屋に依存しないクラスタリングを行なうことができる.このことにより,クラスタヘッドの負荷分散もまた実現可能となる.本論文では,以前我々が提案したクラスタリングスキームがノード密度やノードの移動速度に関係なく,均一なクラスタ構成を行なうことができることや,クラスタの再構成を比較的短い時間で行なうことができることをシミュレーション実験により示している. / A clustering scheme for ad hoc networks is aimed at managing a number of mobile devices by utilizing hierarchical structure of the networks. In order to construct and maintain an effective hierarchical structure in ad hoc networks where mobile devices may move at high mobility, the following requirements must be satisfied. (1) The role of each mobile device for the hierarchical structure is adaptive to dynamic change of the topology of the ad hoc networks. The role of each mobile device should thus change autonomously based on the local information. (2) The overhead for management of the hierarchical structure is small. The number of mobile devices in each cluster should thus be almost equivalent. This paper proposes an adaptive multihop clustering scheme for highly mobile ad hoc networks. The results obtained by extensive simulation experiments show that the proposed scheme does not depend on mobility and node degree of mobile devices in the network, which satisfy the above requirements.

Journal Title
情報処理学会研究報告. [オーディオビジュアル複合情報処理]
Volume
2002
Issue
106
Spage
131
Epage
136
Published Date
2002-11-14
Publisher
社団法人情報処理学会
ISSN
0919-6072
NCID
AN10438399
NAID
110002913536
Language
jpn
NIIType
Technical Report
Text Version
出版社版
Rights
本著作物の著作権は(社)情報処理学会に帰属します。本著作物は著作権者である情報処理学会の許可のもとに掲載するものです。ご利用に当たっては「著作権法」ならびに「情報処理学会倫理綱領」に従うことをお願いいたします。 / The copyright of this material is retained by the Information Processing Society of Japan (IPSJ). This material is published on this web site with the agreement of the author (s) and the IPSJ. Please be complied with Copyright Law of Japan and the Code of Ethics of the IPSJ if any users wish to reproduce, make derivative work, distribute or make available to the public any part or whole thereof. All Rights Reserved, Copyright (C) Information Processing Society of Japan.
本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
Relation
isVersionOf:http://ci.nii.ac.jp/naid/110002913536
Relation URL
Old URI
Set
hiroshima-cu