MANETプロトコルの仕様適合性試験のための状態遷移図縮退手法

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hiroshima-cu/metadata/6667
File
Title
MANETプロトコルの仕様適合性試験のための状態遷移図縮退手法
Title Alternative
A Method to Reduce State Transition Diagram for Conformance Test of MANET Protocols
Author
氏名 小島 英春
ヨミ コジマ ヒデハル
別名 KOJIMA Hideharu
氏名 大田 知行
ヨミ オオタ トモユキ
別名 OHTA Tomoyuki
氏名 角田 良明
ヨミ カクダ ヨシアキ
別名 KAKUDA Yoshiaki
氏名 高橋 寿一
ヨミ タカハシ ジュイチ
別名 TAKAHASHI Juichi
Subject
状態遷移図
モバイルアドホックネットワーク
仕様適合性試験
クラスタリング
プロトコル試験
Abstract

ソフトウェアの実装において,実装されたソフトウェアが仕様に適合しているかどうかを確認するために,仕様適合性試験がある.ネットワークプロトコルもソフトウェアであるため,仕様適合性試験を行い,実装されたプロトコルが仕様に適合しているかどうかを確認する必要がある.しかし,固定ネットワークと異なり,モバイルアドホックネットワークでは,ノードの移動により,隣接ノードが変化する.このようなプロトコルの仕様適合性試験を行うには,隣接ノード数の増加により,試験系列が爆発的に増加してしまう.本論文では,MANETプロトコルを表す状態遷移図を隣接ノード数の増加の影響を減少させる状態遷移図に再定義し,状態及び遷移を縮退させる手法を提案する.また,再定義しない状態遷移図を再定義した状態遷移図と比較することにより,提案手法の有効性を示す.

Description Peer Reviewed
Journal Title
電子情報通信学会論文誌. B, 通信
Volume
J91-B
Issue
4
Spage
353
Epage
363
Published Date
2008-04-01
Publisher
社団法人電子情報通信学会
ISSN
1344-4697
NCID
AA11325909
NAID
110007379137
Language
jpn
NIIType
Journal Article
Text Version
出版社版
Rights
copyright©2008 IEICE
Relation URL
Old URI
Set
hiroshima-cu