閉塞網を用いたバンクベース多ポートメモリの構成と回路規模評価

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hiroshima-cu/metadata/6720
File
Title
閉塞網を用いたバンクベース多ポートメモリの構成と回路規模評価
Title Alternative
Construction and Evaluation of Bank-based Multi-port Memory using Blocking Network
Author
氏名 井上 智宏
ヨミ イノウエ トモヒロ
別名 INOUE Tomohiro
氏名 弘中 哲夫
ヨミ ヒロナカ テツオ
別名 HIRONAKA Tetsuo
氏名 佐々木 敬泰
ヨミ ササキ タカヒロ
別名 SASAKI Takahiro
氏名 小出 哲士
ヨミ コイデ テツシ
別名 KOIDE Tetsushi
氏名 マタウッシュ ハンス ユルゲン
ヨミ マタウッシュ ハンス ユルゲン
別名 MATTAUSCH Hans Jurgen
Subject
多ポートメモリ
多バンクメモリ
閉塞網
Abstract

メモリのアクセスバンド幅の向上のために多バンク型多ポートメモリが用いられることがある.一般的にこの手法ではプロセッサとバンクメモリ間の結合にクロスバが用いられる.しかしながら,ポート数,バンク数が大きくなるとクロス八部分のチップ面積が増大し,大きなポート数を持つメモリが実現できない問題がある.そこで,本稿ではプロセッサとバンクメモリ間の結合に閉塞網を用いた多バンク型多ポートメモリを提案する.トランジスタ数による評価の結果,提案手法は従来手法の10%〜20%程度のトランジスタ数で実現できることがわかった. / Using bank-based mult-ports memory is one of the methods to achieve high memory access band width. It is common to use crossbar network which is based on non-blocking network for combination between the processors and a memory in the conventional bank-based mult-sports memory system. However. there is a problem that the chip area of crossbar network becomes extremely large to increase the number of ports and banks. This report propose a compact bank-based multi-ports memory with blocking network. According to the evaluation results, the proposal method scceeded in reducing number of transistors to 10%〜20% from the conventional method.

Journal Title
情報処理学会研究報告. SLDM, [システムLSI設計技術]
Volume
2003
Issue
120
Spage
271
Epage
276
Published Date
2003-11-27
Publisher
社団法人情報処理学会
ISSN
0919-6072
NCID
AA11451459
NAID
110002687637
Language
jpn
NIIType
Technical Report
Text Version
出版社版
Rights
ここに掲載した著作物の利用に関する注意:本著作物の著作権は(社)情報処理学会に帰属します。本著作物は著作権者である情報処理学会の許可のもとに掲載するものです。ご利用に当たっては「著作権法」ならびに「情報処理学会倫理綱領」に従うことをお願いいたします。 / The copyright of this material is retained by the Information Processing Society of Japan (IPSJ). This material is published on this web site with the agreement of the author (s) and the IPSJ. Please be complied with Copyright Law of Japan and the Code of Ethics of the IPSJ if any users wish to reproduce, make derivative work, distribute or make available to the public any part or whole thereof. All Rights Reserved, Copyright (C) Information Processing Society of Japan.
本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
Relation
isVersionOf:http://ci.nii.ac.jp/naid/110002687637
Relation URL
Old URI
Set
hiroshima-cu