マルチバンク構成レジスタファイルを用いたスーパスカラプロセッサの構成方式に関する検討

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hiroshima-cu/metadata/6721
File
Title
マルチバンク構成レジスタファイルを用いたスーパスカラプロセッサの構成方式に関する検討
Title Alternative
Access Conflict Resolution Methods for Superscalar Processors with Multi-Bank Register File
Author
氏名 三谷 陽介
ヨミ ミタニ ヨウスケ
別名 MITANI Yosuke
氏名 平松 健
ヨミ ヒラマツ タケシ
別名 HIRAMATSU Takeshi
氏名 内田 裕志
ヨミ ウチダ ヒロシ
別名 UCHIDA Hiroshi
氏名 弘中 哲夫
ヨミ ヒロナカ テツオ
別名 HIRONAKA Tetsuo
氏名 マタウシュ ハンス ユルゲン
ヨミ マタウシュ ハンス ユルゲン
別名 MATTAUSCH Hans Jurgen
氏名 小出 哲士
ヨミ コイデ テツシ
別名 KOIDE Tetsushi
Abstract

スーパスカラ,SMTなどの技術による並列度の増加に伴い,レジスタファイルのポート数,エントリ数は増加する傾向にある.ポート数やエントリ数の増加は,面積増大,アクセスタイムの増加といった問題を引き起こす.この問題に対処する方法として,高速かつ小面積で構成できるマルチバンク構成レジスタファイルの利用を考え,従来のマルチポートレジスタファイルに比べて70%の面積削減,48.6%のアクセスタイム削減を実現した.しかし,マルチバンク構成レジスタファイルには,バンクのアクセス競合による性能低下の可能性がある.本稿では,マルチバンク構成レジスタファイルのためのアクセス競合回避手法を提案し,シミュレーションによる性能評価を行う.評価結果により,提案手法を適用することで,マルチバンク構成レジスタファイルを通常のマルチポートレジスタファイルの代わりに利用してもほぼ同等の性能を得られることがわかった. / Superscalar and SMT processors require a large register file which increases chip size and access time. To solve this problem, we use multi-bank register file which reduces 70% in chip size and 48.6% in access time. However, multi-bank regsiter file cause performance degradation by bank conflictions. This paper proposes access conflict resolution methods for superscalar processors with multi-bank register file in order to reduce bank conflicts. Our experimental evaluation shows that a multi-bank register file supported by access confilct resolution methods can achieve nearly the same performance as a ideal multi-port register file.

Journal Title
情報処理学会研究報告. 計算機アーキテクチャ研究会報告
Volume
2002
Issue
112
Spage
41
Epage
46
Published Date
2002-11-27
Publisher
社団法人情報処理学会
ISSN
0919-6072
NCID
AN10096105
NAID
110002775060
Language
jpn
NIIType
Technical Report
Text Version
出版社版
Rights
ここに掲載した著作物の利用に関する注意:本著作物の著作権は(社)情報処理学会に帰属します。本著作物は著作権者である情報処理学会の許可のもとに掲載するものです。ご利用に当たっては「著作権法」ならびに「情報処理学会倫理綱領」に従うことをお願いいたします。 / The copyright of this material is retained by the Information Processing Society of Japan (IPSJ). This material is published on this web site with the agreement of the author (s) and the IPSJ. Please be complied with Copyright Law of Japan and the Code of Ethics of the IPSJ if any users wish to reproduce, make derivative work, distribute or make available to the public any part or whole thereof. All Rights Reserved, Copyright (C) Information Processing Society of Japan.
本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
Relation
isVersionOf:http://ci.nii.ac.jp/naid/110002775060
Relation URL
Old URI
Set
hiroshima-cu