複数分岐での投機的実行の有効性

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hiroshima-cu/metadata/6732
File
Title
複数分岐での投機的実行の有効性
Title Alternative
Branch Prediction based on Histories of Multi-Branch Execution Patterns for Speculative Execution
Author
氏名 児島 彰
ヨミ コジマ アキラ
別名 KOJIMA Akira
氏名 弘中 哲夫
ヨミ ヒロナカ テツオ
別名 HIRONAKA Tetsuo
氏名 高山 毅
ヨミ タカヤマ ツヨシ
別名 TAKAYAMA Tsuyoshi
氏名 藤野 清次
ヨミ フジノ セイジ
別名 FUJINO Seiji
Abstract

最近のパイプライン型プロセッサでは、条件分岐でのパイプラインの乱れによる速度低下を抑制するために、分岐予測とそれに使った投機的実行が行われている。ただし、予測失敗時にはペナルティが大きいので、分岐予測の精度向上が望まれる。これまでの分岐予測では、単独の条件分岐に対して過去に分岐したか、どうかの履歴を取り、その情報に基づいて、分岐するかしかないかを予測している。本研究では、さらに分岐予測の精度を高めるため、連続して実行される複数の条件分岐の分岐パターンに対して履歴をとり、この履歴からの分岐予測を従来の手法に組み合わせる方法を提案する。また、この手法による分岐予測の有効性を実際のプログラムを用いて評価する。 / Superscalar processors and superpipeline processors use branch prediction and speculative execution to avoid suffering pipeline bubbles at conditional branches. The costs of recovering pipelines when occurring prediction mishits are large in high-level pipelined processors using speculative execution. Therefor, very accurate dynamic branch prediction is strongly required in such processors. Today's high performance processors use branch prediction based on history of single branch. In this paper, to explore more accuracy of branch prediction, we propose dynamic branch prediction based on histories of multi-branch execution patterns, and show the results of the performance evaluation with execution traces of real programs.

Journal Title
情報処理学会研究報告. 計算機アーキテクチャ研究会報告
Volume
97
Issue
22
Spage
55
Epage
60
Published Date
1997-03-07
Publisher
社団法人情報処理学会
ISSN
0919-6072
NCID
AN10096105
NAID
110002774688
Language
jpn
NIIType
Technical Report
Text Version
出版社版
Rights
ここに掲載した著作物の利用に関する注意:本著作物の著作権は(社)情報処理学会に帰属します。本著作物は著作権者である情報処理学会の許可のもとに掲載するものです。ご利用に当たっては「著作権法」ならびに「情報処理学会倫理綱領」に従うことをお願いいたします。 / The copyright of this material is retained by the Information Processing Society of Japan (IPSJ). This material is published on this web site with the agreement of the author (s) and the IPSJ. Please be complied with Copyright Law of Japan and the Code of Ethics of the IPSJ if any users wish to reproduce, make derivative work, distribute or make available to the public any part or whole thereof. All Rights Reserved, Copyright (C) Information Processing Society of Japan.
本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
Relation
isVersionOf:http://ci.nii.ac.jp/naid/110002774688
Relation URL
Old URI
Set
hiroshima-cu