論文用語の特許用語への自動変換

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hiroshima-cu/metadata/8882
File
Title
論文用語の特許用語への自動変換
Title Alternative
Automatic Translation of Scholarly Terms into Patent Terms
Author
氏名 難波 英嗣
ヨミ ナンバ ヒデツグ
別名 NANBA Hidetsugu
氏名 釜屋 英昭
ヨミ カマヤ ヒデアキ
別名 KAMAYA Hideaki
氏名 竹澤 寿幸
ヨミ タケザワ トシユキ
別名 TAKEZAWA Toshiyuki
氏名 奥村 学
ヨミ オクムラ マナブ
別名 OKUMURA Manabu
氏名 新森 昭宏
ヨミ シンモリ アキヒロ
別名 SHINMORI Akihiro
氏名 谷川 英和
ヨミ タニガワ ヒデカズ
別名 TANIGAWA Hidekazu
Abstract

本稿では,論文中で使われる用語 (論文用語) を特許中で使われる用語 (特許用語) に自動変換する手法を提案する.これは,たとえば 「ワードプロセッサ」 という論文用語を入力すると,「文書編集装置」 や 「文書作成支援装置」 といった特許用語に自動的に変換する技術のことである.ユーザがある分野の特許と論文を同時に検索する際にこの技術を用いれば,その作業を支援することが可能になる.本研究では,論文用語を特許用語に変換するための手法:「引用手法」 と 「シソーラス手法」,およびこれらの 2 手法と既存手法の 「Mase らの手法」 を組み合わせた用語変換手法を考案した.提案手法の有効性を調べるため実験を行った結果,質問応答システムなどの評価で一般的に用いられる MMR (Mean Reciprocal Rank) を拡張した尺度 ? ;および再現率,精度による評価で,3 つの提案手法を組み合わせた手法が,最も優れていることが分かった. / In this paper, we propose a method to translate scholarly terms into patent terms (e.g. translating "word processor" into "document editing device" or "document writing support system". The method is useful when users search both research papers and patents in a particular field. To translate scholarly terms into patent terms, we proposed two methods: "citation-based method" and "thesaurus-based method". We also proposed a method combining the two with an existing "Mase's method". To confirm the effectiveness of our methods, we conducted some examinations, and found that the combination method performed the best in terms of Recall, Precision, and ?, which is an extensional measure of MRR (Mean Reciprocal Rank) widely used for the evaluation of question answering.

Description Peer Reviewed
Journal Title
情報処理学会論文誌. データベース
Volume
2
Issue
1
Spage
81
Epage
92
Published Date
2009-03-31
Publisher
一般社団法人情報処理学会
ISSN
0387-5806
NCID
AA11464847
NAID
110007990030
Language
jpn
NIIType
Journal Article
Text Version
出版社版
Rights
こに掲載した著作物の利用に関する注意: 本著作物の著作権は(社)情報処理学会に帰属します。本著作物は著作権者である情報処理学会の許可のもとに掲載するものです。ご利用に当たっては「著作権法」ならびに「情報処理学会倫理綱領」に従うことをお願いいたします。 The copyright of this material is retained by the Information Processing Society of Japan (IPSJ). This material is published on this web site with the agreement of the author (s) and the IPSJ. Please be complied with Copyright Law of Japan and the Code of Ethics of the IPSJ if any users wish to reproduce, make derivative work, distribute or make available to the public any part or whole thereof. All Rights Reserved, Copyright (C) Information Processing Society of Japan.
Relation URL
Note

2010年度情報処理学会論文誌データベース優秀論文賞 受賞論文。

Old URI
Set
hiroshima-cu