食品の代謝による酸負荷と生体内の酸 ―塩基平衡維持機構の相互作用について

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hju/metadata/10208
ファイル
タイトル
食品の代謝による酸負荷と生体内の酸 ―塩基平衡維持機構の相互作用について
別タイトル
Interaction of pH Regulatory Mechanisms with Proton Load Yielded by Metabolic Degradation of Foods
著者
氏名 瀨山 一正
ヨミ セヤマ イッセイ
別名 SEYAMA Issei
氏名 神原 彩
ヨミ カンバラ アヤ
別名 KANBARA Aya
氏名 三浦 芳助
ヨミ ミウラ ヨシスケ
別名 MIURA Yoshisuke
キーワード
食品
塩基平衡
酸負荷
酸塩基平衡
NDC
491.3
493.12
492.17
抄録

This review has attempted to clarify the sources of metabolic acid in relation to renal acid excretion and metabolic handling of acid with effective buffering systems. Three potential acidifying factors are; 1) the generation of sulfuric acid through the metabolism of sulfur-containing amino acides, 2)organic acids produced by leakage from the TCA cycle and 3)the incomplete matabolic degradation of organic substances. To make physiological serum a constant pH=7.4, prerequisite conditions in which generated hydrogen ions are excreted and consumed bicarbonate ions that are regenerated are met by buffering systems, urea synthesis in the liver and hepato-renal interorgan metabolosm for glutamin.

掲載雑誌名
広島女学院大学論集
58
開始ページ
211
終了ページ
224
出版年月日
2008-12-20
出版者
広島女学院大学
ISSN
0374-8057
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
旧URI
区分
hju