伝え合うことばの力の育成 ―必要感のあるコミュニケーション活動をとおして―

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hju/metadata/12107
ファイル
タイトル
伝え合うことばの力の育成 ―必要感のあるコミュニケーション活動をとおして―
別タイトル
A Study of Developing the Ability to Communicate ̶Through the Communication Activity with the Necessary Feeling̶
著者
氏名 神野 正喜
ヨミ ジンノ マサキ
別名 JINNO Masaki
キーワード
ability to communicate
communication activity
伝え合うことばの力
コミュニケーショ ン活動
抄録

The aim of this paper is making a report of educational practice for upbring the ability to communicate. In 2011, children of the Class 2 of the sixth grade of Hiroshima City Kameyama Elementary School were corresponded with Yoshikazu Tanaka Ph.D. (Senior General Manager) who was developed blue roses for the first time in the world. The communication activity with the necessary feeling is effective for an instructional activity

掲載雑誌名
広島女学院大学幼児教育心理学科研究紀要
創刊
開始ページ
31
終了ページ
38
出版年月日
2015-03-05
出版者
広島女学院大学人間生活学部
ISSN
2189-1184
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
区分
hju