動詞の漢字表記についての史的研究

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hju/metadata/12337
ファイル
タイトル
動詞の漢字表記についての史的研究
著者
氏名 宇 泳
ヨミ ウ エイ
別名 U Ei
NDC
815.5
801.5
抄録

本論は3章8節からなっており、漢字の伝来・漢字表記についての先行研究から「今昔物語集」における動詞の漢字表記と、「常用漢字表」の動詞の漢字表記との比較、動詞についての個別研究まで、史的の返還の視点から検討する。
動詞の漢字表記についての研究は、昭和30年以後に本格的に行われ始めたといってよく、他の分野の研究より遅れている状態である。特に、品詞別による表記の史的返還の視点から、動詞の漢字表記についての研究は、昭和30年以前はほとんどなかった。本論では、古代で使っている動詞と、現代で使っている動詞の漢字表記の違いを明らかにし、動詞の漢字表記の変還の過程を捉え、更に、表記の変還の要因についても考察していきたい。

本文言語
日本語
資料タイプ
学位論文
著者版フラグ
学位授与機関
広島女学院大学(Hiroshima Jogakuin University)
学位の種類
doctor
学位授与年月日
2008年3月15日
備考

言語文化研究科日本言語文化専攻

区分
hju