女歌、「恋歌」における「わくらばに」について

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hju/metadata/12252
File
Title
女歌、「恋歌」における「わくらばに」について
Author
氏名 佐藤 茂樹
ヨミ サトウ シゲキ
別名 SATO Shigeki
Subject
恋歌
わくらばに
NDC
911.1
Abstract

「わくらばに」という詞は、『万葉集』にも三首あるが、在原行平の「わくらばにとふ人あらばすまの浦にもしほたれつつわぶとこたへよ」(『古今』雑・九六二)の歌が『新撰和歌集』『古今和歌六帖』『奥義抄』『近代秀歌』『詠歌大概』などにも採られ、有名と言える。「わくらばに」は、勅撰集において、『古今集』の行平歌以外には、『新古今集』に五首、『新勅撰集』に三首、『続千載集』に一首、『新拾遺集』に二首ある。『古今集』から『新古今集』の間は一首もない。
『新古今集』時代に再発見され、流行ったと見られる。私家集においては、そうではなく、『古今』から『新古今』の間に詠まれている。また、同意である「たまさか」は『万葉集』に五首、『古今集』にはないが、『後拾遺集』に四首、『金葉集』に二首、『詞花集』に一首、『新古今集』に一首が見られる。「たまさかに」の方が「わくらばに」より、「歌ことば」として定着していたと言える。それだけに、『万葉集』歌の次に詠出された『古今集』の行平歌は画期的であったと言える。
『古今集』においては、「雑」の歌で用いられた「わくらばに」は、その後恋歌にも用いられる。本稿では「わくらばに」について、恋歌以外と恋歌での使われ方を考察し、「わくらばに」がどのようにして恋歌の詞となったのかを考える。
 一

Journal Title
広島女学院大学国際教養学部紀要
Issue
5
Spage
67
Epage
78
Published Date
2018
Publisher
広島女学院大学国際教養学部
ISSN
2188-465X
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
Set
hju