視覚方言のスペリング―ハーストンの『ヨナのとうごまの木』より―

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hju/metadata/3062
ファイル
タイトル
視覚方言のスペリング―ハーストンの『ヨナのとうごまの木』より―
別タイトル
Spellings of Eye Dialects: With Special Referenc to Hurston’s Jonah’s Gourd Vine
著者
氏名 小林 泰秀
ヨミ コバヤシ ヤスヒデ
別名 KOBAYASHI Yasuhide
キーワード
視覚方言
Eye Dialects
NDC
830.1
抄録

An eye dialect is unusual spelling intended to represent dialects or
colloquial idiosyncrasies of speech (OED). Eye dialects show us the
racial differences and social standings of individuals. An author uses
certain spelling styles of eye dialects. For example, Hurston uses the
spellings, awright ‘alright/all right’, b’lieve ‘believe’, ’cause ‘because’ and
does not accept the spellings like awryt, b’leev, kawz which do not keep
the spellings of original words. The change of spellings of words is
dependent on the author’s intention to describe the characters of a novel

掲載雑誌名
広島女学院大学英語英米文学研究
16
開始ページ
77
終了ページ
102
出版年月日
2008-03-30
出版者
広島女学院大学文学部英米言語文化学科
ISSN
0917-964X
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
旧URI
区分
hju