米国コミュニタリアンの民主主義観 : アミタイ・エチオーニの場合

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hkg/metadata/1022
ファイル
タイトル
米国コミュニタリアンの民主主義観 : アミタイ・エチオーニの場合
別タイトル
American Communitarian View of Democracy: Amitai Etzioni’s Case
著者
氏名 沢田 善太郎
ヨミ サワダ ゼンタロウ
別名 Sawada Zentaro
キーワード
討議民主主義
コミュニタリアニズム
アミタイ・エチオーニ
deliberative democracy
communitarianism
Amitai Etzion
抄録

公共討議によって,異なる意見を持つ集団がどのようにして,どの程度まで合意に達するかは,討議民主主義論の鍵問題のひとつである。アメリカのコミュニタリアンは,公共討議による合意は,コミュニティ成員のあいだに共有価値が存在することによって可能になると考える。
コミュニタリアニズムの代表的な理論家の1人であるアミタイ・エチオーニは,個人の自由と権利の保障は,コミュニティが有効に維持されていることであるという視点から,アメリカ人は近年,個人の権利を強調しすぎており,個人の権利は縮小されるべきだと主張する。同時に,かれは日本のような権威主義社会や中国のような全体主義社会では,権利や自由の促進が課題になるという。なぜなら,エチオーニによると,人権は,たとえそれを求めるコミュニティの声は小さくても,また,たとえそれが歴史的に西洋に源を発するものであっても,全人類に向かって主張できる普遍的価値であり,西洋がこれらの価値を異文化に適用するときには,第3世界からの抗議によって阻止されてはならないからである。それゆえ,「コミュニティの内なるモラルの声」に耳をかたむけるというアメリカ社会におけるコミュニタリアンの提唱は,非西洋社会では西洋的価値を外部から押しつける普遍主義の思想に転じることになる。これをよくあらわすのは,エチオーニも賛同署名したアメリカのアフガン戦争擁護の意見広告『私たちは何のために戦うか:アメリカからの手紙』に見られる「正しい戦争(just war)」の思想であろう。
さらに,エチオーニは,コミュニティの協働を維持するために,コミュニティ内の諸集団の差異を強調するアイデンティティの政治を抑制することを提唱する。しかし,共有価値にもとづいて,諸集団が歩調をそろえるというコミュニタリアンの理想の背後にあるのは,コミュニティ内部には,たがいに異なる価値とアイデンティティをもち,ときには対立的な諸集団が存在するという事実認識であろう。これこそエチオーニが批判したアイデンティティの政治の基本認識ではあるまいか。

How and how much can public deliberations bring out the consensus among the groups of different thoughts? It seems a key question to the theory of deliberative democracy. Recent American communitarians would answer that the consensus is possible because the community members might share the common values of that community.
Amitai Etzioni, one of the leading sociologists and communitarians, believes that the preservation of individual liberty and human rights depends on the maintenance of well integrated communities. Then, he points out that Americans have overemphasized individual rights in recent years, and proposes that individual rights should be curtailed. At the same time, he recommends more individual rights in authoritarian societies like Japan, or, toataltarian societies like China. It is because, according to him, human rights are not only Western value, but also a value that lays claims on all people, even if historically they arose in the West, and, even if the voice to call for human right may be very low and small in some authoritarian or totalitarian communities. Moreover, he contends, these rights should not be deterred by some third world protests when the West applies this validity of these claims. That is, American communitarians' proposals to listen to the moral voice in the community turns into universalism of the Western concept of individual right when applied in non-Western world, and results in enforcement of the Western value, irrelevant to the community in question. Such a view was also reflected in the theory of "just war" stated in "What We're Fighting for: A Letter from America" (2002), an advocacy ad. of Afgan war, to which Etzioni agreed and signed.
Etzioni also proposes to limit identity politics, which tends to stress group differences and endanger the cooperation within a community. But, if we abandon the ideal of communitarians that purport subgroups within a community unite together on the basis of common value, we may find the reality of the theory of politics of identity/difference. That is, groups in a community are riven many times by various different group-identities, and the conflicts among the groups are almost inevitable.

掲載雑誌名
現代社会学
9
開始ページ
3
終了ページ
24
出版年月日
2008
出版者
広島国際学院大学現代社会学部
ISSN
1345-3289
NCID
AA11439362
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
旧URI
区分
hkg