裁判で敗訴した〈暴走族〉/裁判を流用した〈暴走族〉: 走れない〈暴走族〉の排除と抵抗

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hkg/metadata/1024
ファイル
タイトル
裁判で敗訴した〈暴走族〉/裁判を流用した〈暴走族〉: 走れない〈暴走族〉の排除と抵抗
別タイトル
“Boso-zoku” who lost a Case, and at the same time “Boso-zoku” who appropriated the Case: The Exclusion and the Resistance of “Boso-zoku” who cannot joy Ride
著者
氏名 打越 正行
ヨミ ウチコシ マサユキ
別名 Uchikoshi Masayuki
キーワード
〈暴走族〉
排除/抵抗
単独性
Boso-zoku
exclusion/resistance
singularity
抄録

本稿は,広島市のある〈暴走族〉を対象に現代日本社会における排除と抵抗のせめぎあいを記述し,その分析を試みたものである。最近の若者をめぐる言説や知見は,大人が若者へ接近することなく,両者の境界を強化させている。それによって,若者がすでに持っている実践の可能性は隠蔽され,大人が自らの社会を再考し,また再構築することもなされていない。そこで本稿では,〈暴走族〉の実践をフィールドワークによって記述し,その実践から排除の権力の批判を試みた。
広島市の〈暴走族〉は,警察や行政による圧倒的排除によって,暴走行為も集会行為も行うことができなくなった。しかし,そんななかでも柔軟に実践を再編成し,継続してきた。またその実践は柔軟であるだけではなく,具体的場面と特定の関係性で生じているがゆえに,更生の働きかけや暴力をめぐって,排除の権力とは異なる仕組みが構築されていた。その仕組みとは,〈暴走族〉で各々の成員が,単独的な存在であると同時にリアルな連帯を獲得しているというものである。また,この単独的な連帯が〈暴走族〉の日常生活で「ケジメ規範」という形で現れることで,その再生産が可能となっていることも確認した。
これらの作業は,〈暴走族〉固有の文化を描くためではない。現代日本社会における排除の権力を,〈暴走族〉の実践を契機に,レヴィ=ストロースの「真正さの水準」にもとづいて,再考し再構築するための作業である。

This essay tried to describe and analyze the struggle between control and resistance in contemporary Japanese society with a certain motorcycle gang --so-called "Boso-zoku"-- in Hiroshima city. These days, the discourses and the knowledge about younger people make ultimately a boundary between adults and younger people more distinct without approaching younger people by adults. It has hid possibilities of practices that younger people already have had, and adult has not reconsidered and reconstructed their own society. Therefore, this essay described practices of “Boso-zoku” by fieldwork and tried to criticize the power of exclusion from its practices.
"Boso-zoku" in Hiroshima could not carry out joy ride and meeting, for the police and the government excluded them overwhelmingly. In that situation, however, they had reconstructed and continued their practices flexibly. And the practices not only were flexible but also had been constructed a system that differed from the power of exclusion in rehabilitating and violence-- which arose from concrete situation and particular relationship. That system was one that provided every member of "Boso-zoku" with single existence as well as real solidarity. Then, it was confirmed that the single solidarity could reproduce itself because that singular solidarity emerged as "Kejime norm" in their everyday life.
These works did not try to describe “Boso-zoku” of innate cultures. They tried to reconsider and reconstruct the power of exclusion in contemporary Japanese society from the practices of “Boso-zoku”, being based on “criteria of authenticity” by Le-vi-Strauss.

掲載雑誌名
現代社会学
9
開始ページ
25
終了ページ
40
出版年月日
2008
出版者
広島国際学院大学現代社会学部
ISSN
1345-3289
NCID
AA11439362
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
旧URI
区分
hkg