最適性理論による意思決定の分析

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hkg/metadata/1028
ファイル
タイトル
最適性理論による意思決定の分析
別タイトル
The Analysis of Decision Making by Optimality Theory
著者
氏名 櫻井 啓一郎
ヨミ サクライ ケイイチロウ
別名 Sakurai Keiichiro
キーワード
最適性理論
意思決定
アステリスク比率(ASTER) 
Optimality Theory
Decision Making
Asterisk Proportion
抄録

経営学における行動科学的意思決定論はBarnardから始まりSimonによって発展していった。本稿ではこの行動科学的意思決定論を言語学の音韻論から生まれた最適性理論を使って考察する。最適性理論は認知科学のひとつであり、Simonも認知を取り入れていたことから、重なる部分があると思われる。また「経済人」の完全なる意思決定とは異なり、Simonの経営学のモデルは人間の能力の限界を考慮した意思決定である。最適性理論は、生成理論における規則と制約によって完全なる派生を追及してきたのに対して、制約違反可能な、限界ある、より人間らしい理論を求めてきたという点でSimonの経営学モデルと近似している。本稿では最適性理論による分析から、いくつかの問題を解決すべく、新たなるEVAL、CON、GEN以外の制約構成要素「アステリスク比率(ASTER)」を提案する。

The theory of Decision Making in Behavioral Science in business management making which had originated with Barnard was being developed by Simon. This paper’s aim is consider the Behavioral Scientific Decision Making by using Optimality Theory (OT hereafter), which was from phonology of linguistics. OT is a cognitive science, which Simon had already soaked up, and there seems to be something common to both linguistics and business management. The business management model by Simon is the decision making where the limits of humans’ abilities are taken into consideration, which is not considered in the “model of economic man”. OT is very similar to the business management model by Simon in that OT is the constraint-violable and more human theory which has the limits of humans’ abilities. In this paper, I propose a new main component “Asterisk Proportion (ASTER)” other than EVAL, CON and GEN to solve some problems by the analysis using OT.

掲載雑誌名
現代社会学
9
開始ページ
81
終了ページ
92
出版年月日
2008
出版者
広島国際学院大学現代社会学部
ISSN
1345-3289
NCID
AA11439362
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
旧URI
区分
hkg