中国における義務教育の算数・数学科カリキュラムと実施状況に関する研究 : 主に深圳市内中学校への訪問調査を通して

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hkg/metadata/11946
ファイル
タイトル
中国における義務教育の算数・数学科カリキュラムと実施状況に関する研究 : 主に深圳市内中学校への訪問調査を通して
別タイトル
The Implementation of China's New Mathematics Curriculum : A Study Visit to Middle Schools in Shenzen
著者
氏名 岡田 大爾
ヨミ オカダ ダイジ
別名 Okada Daiji
氏名 森山 真文
ヨミ モリヤマ マフミ
別名 Moriyama Mahumi
キーワード
Compulsory education system of China
Mathematics curriculum
Lecture styles
Textbook
Learning environments
中国の義務教育制度
算数・数学科カリキュラム
教科書
講義形式
学習環境
抄録

In this report, we discuss the new Mathematics curriculum currently being implemented in China's compulsory education system. We compare the content of the curriculum and the situation of the implementation with those in Japan. As part of our study, we visited two middle schools in the Shenzen Special Economic Zone in China. Our findings were:
1 .For the Mathematics curriculum, the number of required teaching hours is greater in China than in Japan. Especially over the three years of junior high school, a large difference can be seen.
2 .The content of the Chinese curriculum is more difficult and of greater volume. Lecture styles of teaching were often observed.
3 .In Chinese classrooms and textbooks, there is a greater emphasis on the history and real-life applications of mathematics as compared with Japanese classrooms and textbooks.
4 .The public school classrooms in Shenzen are learning environments equipped with computers, projectors and screens.

本稿では,現在中国の義務教育制度で実施されている新たな数学のカリキュラムを議論し,そのカリキュラムの内容と実施状況を日本と比較する。そして,研究の一環として,我々は中国の深圳経済特区の2つの中学校を訪問し,次のような知見を得た。
1 .数学のカリキュラムについては,必須授業時間数は日本より中国の方が多い。特に中学校3 年間で大きな差が見られる。
2 .中国のカリキュラムの内容は,より難しく,量も多い。また,講義形式の授業がしばしば観察された。
3 .中国の教科書や授業は日本の教科書や授業と比較して,数学の歴史と実生活への応用により重点がおかれていた。
4 .深圳市の公立学校の教室は,コンピュータ,プロジェクター,スクリーンが整備された学習環境であった。

査読の有無
査読有
掲載雑誌名
広島国際学院大学研究報告
45
開始ページ
21
終了ページ
31
出版年月日
2012-12
出版者
広島国際学院大学
ISSN
1345-3858
NCID
AA11419398
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
旧URI
区分
hkg