平成23年度特別研究報告 感性情報に着目したデザイン支援

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hkg/metadata/11947
File
Title
平成23年度特別研究報告 感性情報に着目したデザイン支援
Title Alternative
Report for Special Research 2011 An Approach to Design by Kansei Information
Author
氏名 趙 領逸
ヨミ
別名 Cho Youngil
Subject
Affective
Design
Kansei
Abstract

This report concerns an approach to understanding design by Kansei information. The present report brings together three study results: consequences of experience (study 1), familiarity (study 2), preference mechanism (study 3) for Kansei evaluations. Study 1 investigated: whether design experiences showed significant differences in subjective evaluation in motion graphic, and if the period of design experience affects the difference to the subjective evaluation. The results show that design experiences make differences not in design education but in period of design practical affair. Furthermore, five years in design practical affair showed similar results to non-design experienced subjects. Study 2 investigated the effects of familiarity on affective responses( pleasure and arousal) to Japanese advertising elements, based on schema incongruity theory. The result shows a high correlation between familiarity and pleasure, but a low correlation between familiarity and arousal. Study 3 investigated if reconciled-preference shows the same results in various Reality Sets( one product image or separated product image). The result shows that Reality Sets affect product evaluation. In summary, the studies show (1) the importance of design-affair experiences (2) the correlation between familiarity and pleasure (3) that Reality Sets affect product evaluation. The findings of these present studies give a perspective on what values effect and modify individual’s subjective evaluations.

本報告は,感性情報に着目したデザインの支援を目的とし,被験者属性,刺激構成要素,感性情報の再構成による感性評価の特徴を検証した研究に関するものである。経験差,親近感,嗜好メカニズムに研究の焦点を置き,検証を通じ,被験者要素の経験・知識,刺激構成要素の親近性,刺激の提示方が感性評価へ及ぼす効果に関して,互いの位置関係を明らかにした。第一研究は,デザイン経験およびデザイン仕事経歴が主観評価に及ぼす影響に関する検証を行った。 結果では,デザイン経験の中で仕事経験による有意差は観られたが,教育経験による有意差は観られなかった。さらに, 5 年以上の仕事経験のあるデザイナーの場合は,ユーザの主観評価結果と似ている傾向を持っている可能性が示された。第二研究は,親近感が情動(幸せ感,興奮感)に及ぼす影響に関する検証を行った。結果では,親しみは幸せ感とは高い相関関係が観られたが,興奮感との相関関係は低かった。第三研究は,嗜好における提示条件の影響に関する検証を行った。結果では,刺激の提示条件による評価の有意差が観られた。以上の研究結果により,( 1 )デザイン経験の有無だけではなく,仕事経験の有無による影響( 2 )親近感と幸せ感の相関関係( 3 )提示方法が評価に及ぼす影響について明らかにされた。これらの結果は,ユーザの主観的評価における影響要素(経験差,親近感,嗜好メカニズム)明確な理解に役立つと考えられる。

Description Peer Reviewed
査読有
Journal Title
広島国際学院大学研究報告
Volume
45
Spage
33
Epage
37
Published Date
2012-12
Publisher
広島国際学院大学
ISSN
1345-3858
NCID
AA11419398
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
出版社版
Old URI
Set
hkg