死の欲動と自己保存

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hkg/metadata/11978
ファイル
タイトル
死の欲動と自己保存
別タイトル
Todestrieb und Selbsterhaltung
著者
氏名 小林 裕一郎
ヨミ コバヤシ ユウイチロウ
別名 Kobayashi Yuichirou
キーワード
死の欲動
フランクフルト学派
自己保存
Todestrieb
Frankfurter Schule
Selbsterhaltung
抄録

本稿では、フロイトの概念である「死の欲動」を、フランクフルト学派第一世代のフロムやマルクーゼがどのように受容したのかを整理し、その中で「死の欲動」がどういった役割を担ったのかを見ていく。今回はマルクーゼからフロムへの批判という視点からこれらの整理を行う。マルクーゼは後期フロイト理論の再評価を通してフロムを批判する。その考察で軸となるのが「死の欲動」と「破壊性」、「死の欲動」と「自己保存」という概念間の関係である。こうした関係性を読み解くことで、「死の欲動」に対してフロムとマルクーゼが持つ認識の違いを明確にすることが本稿の目的である。 Diese Studie untersucht die Beziehung zwischen der ersten Generation der Frankfurter Schule und dem "Todestrieb". Der Begriff "Todestrieb" wird von Sigmund Freud als eine wesentliche Merkmale des Menschen benützt. Dieser Begriff ist aber schwierig zu bestimmen. Die Frankfurter Schule verwendet den "Todestrieb". "Escape from Freedom"und "Eros and Civilization" benützen den "Todestrieb". "Escape from Freedom" von Fromm kritisiert den "Todestrieb". Er hält nicht den "Todestrieb" sondern eine soziale Kenntnis für wichtiger. "Eros and Civilization" von Marcuse schätzt dagegen als soziale Klitik den "Todestrieb". "Todestrieb" ist mehrdeutig. Diese Studie untersucht, den Begriff des "Todestriebes" zu organisieren.

査読の有無
査読有
掲載雑誌名
現代社会学
14
開始ページ
19
終了ページ
32
出版年月日
2013-03
出版者
広島国際学院大学現代社会学部
ISSN
1345-3289
NCID
AA11439362
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
旧URI
区分
hkg