除染が容易でない放射能汚染土壌の光合成細菌を用いたバイオ除染

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hkg/metadata/12022
ファイル
タイトル
除染が容易でない放射能汚染土壌の光合成細菌を用いたバイオ除染
別タイトル
Polluted Soil : Alleviating Biotechnological Radioactivity Removal Difficulties Using Photosynthetic Bacteria
著者
氏名 佐々木 慧
ヨミ ササキ ケイ
別名 Sasaki Kei
氏名 竹野 健次
ヨミ タケノ ケンジ
別名 Takeno Kenji
氏名 新川 英典
ヨミ シンカワ ヒデノリ
別名 Shinkawa Hidenori
氏名 佐々木 健
ヨミ ササキ ケン
別名 Sasaki Ken
キーワード
remove radioactivity
polluted soil in Fukushima
immobilized photosynthetic bacterium beads
soil organic matter
放射能除染
福島の汚染土壌
固定化ビーズ
光合成細菌
土壌有機物
抄録

In the Fukushima Agriculture Technology Centre, an initial difficulty to remove radioactivity from polluted soil through a chemical (HNO3) treatment was remedied through one using immobilized photosynthetic bacterium beads, Rhodobactor sphaeroides SSI. Combined with lactic acid fermentation and anaerobic digestion, the removal rate(about 30%) was improved upon, but this range, by comparison, was found to be considerably lower than that for soils in the Namie and Minamisouma regions of Fukushima(59.5-73.0%); these soils containing relatively high amount of muck or organic matter. In the case of the soil which chemical treatment is difficult, radioactive cesium already seems to have been strongly combined to the crystal moiety of the soil components, and the release of cesium is not considered effective through a biotechnological process. It was suggested that photosynthetic bacteria treatment technology for radioactivity removal is rather preferred for soils relatively rich in organic matter.

化学処理(硝酸処理)で除染が容易でない土壌の除染を,ビーズ状に固定化した光合成細菌,Rhodobacter sphaeroides SSI株を用いて,福島県農業総合センターにおいて実施した。これらセンターでの放射能汚染土壌の除染率は,光合成細菌と乳酸発酵,及び嫌気消化を組み合わせても,30.1-52.9%であり,福島,浪江や南相馬の腐葉土や有機質を多く含む土壌の除染(59.5-73.0%)と比較して低かった。酸処理で除染困難な土壌では,放射性セシウムは既に土壌の結晶部分に強く結びついており,ひきはがしは生物化学的処理では容易でないことが示唆された。光合成細菌での放射能除染は,腐葉土や有機質を多く含む土壌に適していると推定された。

査読の有無
査読有
掲載雑誌名
広島国際学院大学研究報告
48
開始ページ
67
終了ページ
73
出版年月日
2015-12
出版者
広島国際学院大学
ISSN
1345-3858
NCID
AA11419398
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
区分
hkg