離散値データの連続化(補間)に関する一考察 : チェビシェフ補間法の誤差と応用

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hkg/metadata/1526
File
Title
離散値データの連続化(補間)に関する一考察 : チェビシェフ補間法の誤差と応用
Title Alternative
A note on an interpolation: the continuity of discrete data - An error of Chebyshev interpolation and its application
Author
氏名 宗像 経博
ヨミ ムナカタ ツネヒロ
別名 Munakata Tsunehiro
氏名 ソライマン カミリ
ヨミ ソライマン カミリ
別名 Sulayman Kamil
Subject
Interpolation
Continuity of discrete data
Chebyshev interpolation method
Error analysis
Abstract

It is said that it is needed for an interpolation: the continuity of discrete experimental data,for the purpose of an analysis on the true trend of the 2-dimensional data. There are several methods for this interpolation and the Chebyshev method has not been studied yet so much,as far as the authors know. In this note,the Chebyshev interpolation method is referred as the interpolation on the Chebyshev partial discrete points for the first time. For examples of monotonous and periodic f (x) function, results on Chebyshev interpolation are applied and the errors are shown. And,for the discrete 2-dimensional data on the relation x-y,results on the continuity of the data are given by the Chebyshev and the linear interpolation,and the comparison with the results of other two methods is stated.

二次元データの真のトレンド(傾向や性質)を分析するためには,実験で得られた離散値データの連続化(補間)の処理が必要であるといわれる。補間の方法としては,数種類提案されているが,チェビシェフ補間法については,まだ余り追求がなされていない。本稿では,まずチェビシェフ補間法をチェビシェフ分点上の多項式補間法として言及する。そして,単調関数及び周期間数f(x)についての例題に対して,チェビシェフ補間法を用いた補間結果を求め,誤差について示す。さらにx-y関係で与えられた二次元の離散的データに対し,線形補間結果を利用したチェビシェフ補間法による補間結果を与え,他の二つの補間法の結果と比較,考察している。

Journal Title
広島国際学院大学研究報告
Volume
35
Spage
29
Epage
37
Published Date
2004
Publisher
広島国際学院大学
ISSN
1345-3858
NCID
AA11419398
Language
jpn
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
出版社版
Old URI
Set
hkg