Nanoindentation Study of Ultra High Purity Aluminum

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hkg/metadata/1529
ファイル
タイトル
Nanoindentation Study of Ultra High Purity Aluminum
著者
氏名 Yoshida Masashi
ヨミ ヨシダ マサシ
別名
氏名 Nakamura Masayoshi
ヨミ ナカムラ マサヨシ
別名
氏名 Sumomogi Tsunetaka
ヨミ スモモギ ツネタカ
別名
氏名 Fujii Kazuyuki
ヨミ フジイ カズユキ
別名
氏名 Osono Hiroto
ヨミ オオソノ ヒロト
別名
キーワード
Nanoindentation
scanning probe microscopy
Vickershardness test
ultra high purity aluminum
mechanical properties
抄録

Ultra high purity aluminum is expected to have considerably different mechanical properties in comparison with normal purity aluminum. Such mechanical properties as the plastic deformation of materials are strongly influenced by the distribution and the movement of defects such as impurities, vacancies, dislocations and grain boundaries. The use of scanning probe microscope (SPM) to measure samples' surfaces has been developed to optimize its operation as a tool to image a surface. The development of this device makes it possible to evaluate mechanical properties on a scale of nanometer by means of combining indentation function with SPM. This technique is known as Nanoindentation. To make clear the relation between Nanoindentation test and Vickers-hardness test, both testing method are performed on the surfaces of pure gold sample. After this preliminary examination, we evaluate mechanical properties of ultra high purity aluminum by using Nanoindentation test and discuss the effect of purity on mechanical properties.

超高純度アルミニウムは、従来の純度のものと比較すると機械的特性が大きく異なることが期待される。金属の塑性変形のような機械的特性は、不純物、空孔、転位および粒界のような欠陥の分布および運動により強く影響をうける。 試料表面を観察するための走査型プローブ顕微鏡(SPM)は、表面を画像化することができる道具としてその動作の最適化が行われきた。SPMに押込み試験機能を組み合わせることにより、機械的特性をナノメータスケールで評価することが可能となった。この技術はナノインデンテーションとして知られている。ナノインデンテーションとビッカース硬さ試験の間の関連性を明らかにする目的で、純金表面に対して両試験を行った。この予備試験の後、ナノインデンテーションを用いて超高純度アルミニウムの機械的特性を評価し、機械的特性に及ぼす純度の影響について考察した。

掲載雑誌名
広島国際学院大学研究報告
35
開始ページ
39
終了ページ
49
出版年月日
2004
出版者
広島国際学院大学
ISSN
1345-3858
NCID
AA11419398
本文言語
英語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
旧URI
区分
hkg