Comparing the L1 and L2 Mental Lexicon : A Replication Study of Wolter 2001

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hkg/metadata/6439
File
Title
Comparing the L1 and L2 Mental Lexicon : A Replication Study of Wolter 2001
Title Alternative
L1(母語)とL2(第二言語)の心理的語彙の比較 : ウォルターの研究(2001年)の再研究
Author
氏名 Higginbotham George
ヨミ ヒギンボサム ジョージ
別名
Subject
word-association
paradigmatic
syntagmatic
心理的語彙/ 語彙連想
連語的(syntagmatic)
同類的(paradigmatic)
Abstract

This paper is a replication of an influential study by Brent Wolter (2001) which
examines the structural similarities between the L1 and L2 mental lexicons and
whether depth of individual word knowledge determines a given word’s degree of
integration into the mental lexicon. This paper begins by reviewing some of the
research relevant to the research question, especially Brent Wolter’s investigation.
The results of his study, comparing non-native and native speaker’s patterns of
responses in light of depth of word knowledge scores, are discussed and compared
with the results from the replication study. His challenge to the long standing belief
that a shift from predominantly syntagmatic to predominantly paradigmatic responses
is indicative of lexical development is strengthened by the results of this replication
study. The “depth of word model” Wolter tentatively proposed, by which words are
integrated into the mental lexicon is however not supported. Syntagmatic rather
than paradigmatic links were found to dominate in words whose meanings were well
known. Such widely disparate results suggest problems with the reliability of the test.
Problems with the methodology in this study are discussed as are the implications of the results for future research in word association studies. この論文はブレント・ウォルターの心理的語彙に関する重要な研究を応用・確認するものである。
ウォルターの研究(2001年)はL1(母語)とL2(第二言語)の心理的語彙の構造上の類似性を吟味し、個々
の語彙知識の深さが心理的語彙への融合程度を決定するものかどうか調べたものである。この論文
はまずブレント・ウォルターの調査を中心に、この問題に関連する諸研究を検証する。先に非母語
話者と母語話者の回答の型(パターン)を語彙知識の深度スコアの点から比較するウォルターの研
究結果を取り上げ、次いで本研究結果と比較する。圧倒的に多い連語的(syntagmatic) 回答から圧
倒的な同類的(paradigmatic) 回答に移行すればそれは語彙的進歩を意味する、というのが従来の考
え方であった。ウォルターはこれに異議を唱えているが、本研究は同氏のその指摘を支持してい
る。しかしながら、言葉が心理的語彙に融合されていくウォルターの暫定「言語モデルの深度」は
支持されない。意味がよく知られている言葉において、同類的(paradigmatic) 結びつきより連語的
(syntagmatic) 結びつきの方が優勢であることがわかった。このように広範に異質な結果が生じると
いうことは、テストの信頼性に問題があることを示している。なお、この研究における方法論上の
問題についても取り上げており、また今後の語彙連想研究に本論文が参考になる点もまとめている。

Description Peer Reviewed
査読有
Journal Title
現代社会学
Issue
10
Spage
45
Epage
64
Published Date
2009-03
Publisher
広島国際学院大学現代社会学部
ISSN
1345-3289
NCID
AA11439362
Language
eng
NIIType
Departmental Bulletin Paper
Text Version
出版社版
Old URI
Set
hkg