関連性理論によるキャッチコピーの分析

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hkg/metadata/6440
ファイル
タイトル
関連性理論によるキャッチコピーの分析
別タイトル
The Analysis of Catchphrases by Relevance Theory
著者
氏名 櫻井 啓一郎
ヨミ サクライ ケイイチロウ
別名 Sakurai Keiichiro
キーワード
関連性理論
キャッチコピー
推論
Relevance Theory
catchphrase
infer
抄録

キャッチコピーはいかに短いことばで一瞬にして消費者に訴えかけることができるか
が、消費者の商品への印象が残る上での重要な鍵となる。本稿では言語学の語用論の中の
一理論である関連性理論を枠組みとし、キャッチコピーについて考察する。キャッチコピー
は短いことばで消費者に商品について伝えなければならないため、ただ単に書かれたこと
ばの意味だけでなく、文脈や環境なども考慮に入れて消費者に解釈されると予想して作成
されなければならない。いかに消費者に商品内容を簡潔に伝えることができるか、につい
て関連性理論の柱となっている4つの表意と推意を使って考察する。消費者にうまく伝達
できるということは深く印象づけるということであるので、いかに印象づけるかが重要で
ある。印象づけるためには読み手にある程度の労力をかけさせないといけない。しかし、
その労力が強ければ強い方が印象に残りやすいのか、つまり労力の強さと印象の強さは正比例しているのか、という問題が残されている。It is of the utmost importance to be able to make a catchphrase which is as short as
possible and can appeal to consumers at a single glance. In this paper, the catchphrase is
examined with reference to Relevance Theory, a pragmatic theory of linguistics. A short
catchphrase has to inform consumers of a number of things about a product, and so it needs
to be made not only with regard to the meanings of the words constituting the phrase but
also with consideration for context and circumstance. How the content of the product can
be conveyed to consumers is deliberated through four explicatures and one implicature of
Relevance Theory. As the strength of the impression made upon consumers depends on how
well manufacturers can convey information on their product, the impact made by a catchphrase
is very important. In order to impress, interpretation of the catchphrase should require a
certain amount of effort on the part of the consumer. It is unclear, however, whether the
degree of effort is proportionate to that of the impression made.

査読の有無
査読有
掲載雑誌名
現代社会学
10
開始ページ
65
終了ページ
74
出版年月日
2009-03
出版者
広島国際学院大学現代社会学部
ISSN
1345-3289
NCID
AA11439362
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
旧URI
区分
hkg