How Has “They Lived Happily Ever After” Been Perceived in Japan and the U.S.?: Socio-Cultural Analysis on Walt Disney’s Movie, Enchanted

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hkg/metadata/6444
ファイル
タイトル
How Has “They Lived Happily Ever After” Been Perceived in Japan and the U.S.?: Socio-Cultural Analysis on Walt Disney’s Movie, Enchanted
別タイトル
「2人はその後幸せに暮らしました。」は日本とアメリカでいかに受け止められているか : ウォルト・ディズニー映画「魔法にかけられて」に関する社会文化的な考察
著者
氏名 Masuyama Eiichi Erick
ヨミ マスヤマ エイイチエリック
別名 増山 栄一エリック
キーワード
Walt Disney
Socio-Cultural Comparative Study
Woman’s Issues
ウォルト・ディズニー
社会文化的比較研究
女性問題
抄録

It has often been criticized that Walt Disney’s “They lived happily ever after” stories
such as Sleeping Beauty and Snow White do not represent the real U.S. society. In
order to wipe off this criticism, Walt Disney Pictures released Enchanted in which
Giselle the heroine is sent to New York City by evil Queen Narcissa from a fairytale
land, Andalasia where she was supposed to get married with Prince Edward to live
happily ever after. The movie appears to be a success because Walt Disney Pictures
introduces the traditional plots that they have valued for a long time and cleverly
intertwines them with the contemporary alternatives, or the facts of life, some of
which should have been mentioned in Disney’s works in order to let children know
that “living happily ever after” cannot always happen in our real lives. When I
checked people’s criticism on this successful movie in Japan and the U.S. written on
the internet, I found interesting differences in their comments and opinions in these
two countries. Why do these differences exist? How differently do people in these
two countries perceive “They lived happily ever after”? And why? In this paper, I
will conduct a socio-cultural analysis on this Walt Disney movie, Enchanted, in order to answer these questions. 「ウォルト・ディズニーの『眠れる森の美女』や『白雪姫』等に見る『2人はその後幸せに暮らし
ました。』はアメリカの現実社会を適切に表していない。」とたびたび批評されてきたが、そのよう
な批評を消し去る為に、ウォルト・ディズニーピクチャーズは『魔法にかけられて』を制作した。
この映画では、ヒロインであるジゼルは悪女王ナリッサによっておとぎの国、アンダレージアから
現代のニューヨークの町に送られてしまう。ゼジルはアンダレーシアで結婚して、エドワード王子
と2人でその後幸せに暮らすはずであった。この映画は成功を収めたが、その理由はディズニーが
長い間大切にしてきた伝統的なストーリーラインを、『魔法にかけられて』に盛り込みながらも、
それを、ディズニーがもっと前に紹介すべきであった現代的な考え方、言い換えれば日常生活の現
実と一緒に映画の中に組み込むことで、「2人はその後幸せに暮らしました。」は必ずしも実際の生
活の中では起きるとは限らないと示唆したからである。この成功を果たした映画に対する日本とア
メリカの人たちの映画批評をインターネットで読んだ時、国の違いで批評がかなり相違しているこ
とに気が付いた。なぜこのような相違が存在するのか。「2人はその後幸せに暮らしました。」は日
本とアメリカでいかに相違して受け止められているか。そして、その理由は。私は、この論文でウォ
ルト・ディズニー映画『魔法にかけられて』に関する社会文化的な分析を行い、これらの質問に答
えていきたい。

査読の有無
査読有
掲載雑誌名
現代社会学
10
開始ページ
115
終了ページ
131
出版年月日
2009-03
出版者
広島国際学院大学現代社会学部
ISSN
1345-3289
NCID
AA11439362
本文言語
英語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
旧URI
区分
hkg