定期教育交流講座HEROの運営及び教育に関する成果と課題

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hkg/metadata/6448
ファイル
タイトル
定期教育交流講座HEROの運営及び教育に関する成果と課題
別タイトル
Management of Regular HERO Educational Exchange Lectures and Educational Results and Issues
著者
氏名 内海 能亜
ヨミ ウツミ ノア
別名 Utsumi Noah
氏名 渡邊 真彦
ヨミ ワタナベ マヒコ
別名 Watanabe Mahiko
氏名 歌谷 昌弘
ヨミ ウタタニ マサヒロ
別名 Utatani Masahiro
氏名 中村 格芳
ヨミ ナカムラ マサヨシ
別名 Nakamura Masayoshi
氏名 金本 貴司
ヨミ カネモト タカシ
別名 Kanemoto Takashi
キーワード
HERO
Public Lecture
Experimental Training
Technical Training
Contents of Lecture
Questionnaire Survey
抄録

The Hiroshima Engineers Reaching Out (HERO) group was organized in 2003 and is comprised of staff from Hiroshima Kokusai Gakuin University. With the cooperation of Hiroshima Prefecture’s engineers and young people trying to acquire engineering qualifications, HERO has held educational lectures with the aim of supporting technological development in Hiroshima Prefecture. The lectures were directed not only at students of the university but also the general public. In this report, we describe the planning, start and management of these lectures and discuss the lecture content and educational results. Further, we investigate the demand for these lectures and report on future issues based on the results of a participant questionnaire.

平成15年度より,広島国際学院の教員からなるグループ「HERO」を立ち上げた。HEROは広島のエンジニアまたはそれを目指す若者らが協力し,広島の技術発展を目指し,本学の学生だけでなく,広く一般の人々に向けて教育講座を開講した。本報では,本講座の企画,立ち上げ,運営について言及する。また,筆者らによる講座内容とその教育の成果を述べ,受講者のアンケート調査結果をもとに,近年の講座に対する要望を調査し,今後の課題について報告する。

査読の有無
査読有
掲載雑誌名
広島国際学院大学研究報告
42
開始ページ
19
終了ページ
26
出版年月日
2009-12
出版者
広島国際学院大学
ISSN
1345-3858
NCID
AA11419398
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
旧URI
区分
hkg