多様な学問領域の体験プログラムの開発

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hkg/metadata/6449
ファイル
タイトル
多様な学問領域の体験プログラムの開発
別タイトル
Development of an Experiential Program Encompassing Diverse Academic Fields
著者
氏名 内海 能亜
ヨミ ウツミ ノア
別名 Utsumi Noah
氏名 渡邊 真彦
ヨミ ワタナベ マヒコ
別名 Watanabe Mahiko
氏名 中村 格芳
ヨミ ナカムラ マサヨシ
別名 Nakamura Masayoshi
キーワード
Practical Exercise
Experimental Program
Materials
Engineering Education
Energy Education
抄録

The Hiroshima Engineers Reaching Out (HERO) group was organized in 2003 and is comprised of staff from Hiroshima Kokusai Gakuin University. In open lectures aimed at making students understand widely-used advanced technology through simple experiments and practical exercises, HERO began a trial “Multi-discipline Experiential Program” for the university students. After detailed investigation of the content of this program, HERO began offering a course entitled “Technology and Industrialization” from 2007 that can be counted towards credits for practical engineering education. We wish to report here on the establishment of the “Multi-discipline Experiential Program” and “Technology and Industrialization” educational programs along with providing results and problems encountered.

平成15年度より,広島国際学院大学の教員からなるグループ「HERO」を立ち上げた。HEROは一般に広く利用されている高度な技術を,わかりやすい実験・実習などの体験を公開講座などによって理解させるために,本学の学生を対象とした「多分野体験プログラム」を試行的に開始した。このプログラム内容を精査し,平成19年度から,実践工学教育として単位認定可能な「技術と産業化」を開講することとなった。ここでは,「多分野体験プログラム」と「技術と産業化」の教育プログラムの開発およびその成果と課題について報告する。

査読の有無
査読有
掲載雑誌名
広島国際学院大学研究報告
42
開始ページ
27
終了ページ
34
出版年月日
2009-12
出版者
広島国際学院大学
ISSN
1345-3858
NCID
AA11419398
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
旧URI
区分
hkg