アルカリ触媒法によるバイオディーゼル燃料製造における水分除去方法の検討

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hkg/metadata/6450
ファイル
タイトル
アルカリ触媒法によるバイオディーゼル燃料製造における水分除去方法の検討
別タイトル
A study on a method for removing moisture in manufacturing biodiesel fuel using the Alkali Catalyst Method.
著者
氏名 国信 祐樹
ヨミ クニノブ ユウキ
別名 Kuninobu Yuki
氏名 内海 能亜
ヨミ ウツミ ノア
別名 Utsumi Noah
氏名 土生 達朗
ヨミ ハブ タツロウ
別名 Habu Tatsuroh
氏名 中村 格芳
ヨミ ナカムラ マサヨシ
別名 Nakamura Masayoshi
キーワード
Biodiesel Fuel
Aeration
Moisture
Degradation Level
Energy Cost
抄録

The biodiesel processors were made in our laboratory. We focused on aeration to improve the manufacturing efficiency of the biodiesel processors. Moisture in waste cooking oil or biodiesel was removed by heating or aeration. Removal efficiency of moisture, acid numbers, and peroxide numbers in waste cooking oil and biodiesel were also compared. The removal efficiency of moisture in the aeration of waste cooking oil and biodiesel was equal to that of heating. As for aeration, it was proved that there is little influence on the acid numbers and peroxide numbers.

本研究では,本研究室のアルカリ触媒法によるBDF製造装置の水分除去における工程を効率化することを目的として,曝気による水分除去に着目した。廃食用油とBDFの2つの試料において予備実験として曝気と加熱の水分除去における水分の除去量と劣化指標である酸価と過酸化物価について比較を行った結果,曝気による水分除去は廃食用油,BDFともに劣化させることなく加熱除去と同等の水分を除去できることが確認できた。
曝気を利用したBDF製造装置を製作した結果,水分の除去量と劣化度に関して予備実験と同様の結果を得ることが出来た。

査読の有無
査読有
掲載雑誌名
広島国際学院大学研究報告
42
開始ページ
35
終了ページ
41
出版年月日
2009-12
出版者
広島国際学院大学
ISSN
1345-3858
NCID
AA11419398
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
旧URI
区分
hkg