地域の福祉の状態 : 高齢者による評価

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hkg/metadata/6572
ファイル
タイトル
地域の福祉の状態 : 高齢者による評価
別タイトル
Evaluation of Community-based Welfare from the Viewpoint of the Elderly
著者
氏名 田中 里美
ヨミ タナカ サトミ
別名 Tanaka Satomi
キーワード
高齢者
地域の福祉
評価
the Elderly
Community-based Welfare
Evaluation
抄録

高齢者の世帯は近年ますます小さくなっており,障害の発生への気付きと関係者への連絡など,いわば初動の支援,そして障害発生後の生活上の不便に対する手助けなどについては,同居家族に限らず,高齢者と身近に接触する者としての地域住民にも一定の期待が寄せられるようになっている。本稿ではこうした現状認識に立ち,地域の対応可能性を探るため,異なる特性を持つ複数の地域において高齢者を対象とする調査を実施し,地域の福祉の状態を高齢者がどのように評価しているかを見る。都市部では高齢者の地域の福祉の状態に対する評価は低く,農村部では高いという仮説(仮説1)を,また,都市部にあっても,福祉のまちづくり活動がある地域では,地域の福祉の状態はよく評価されているという仮説(仮説2)を立て,地域による差を確認し,この結果について,高齢者の別居子を含む親族との関係,さらに地域との関わりから検討を加える。分析の結果,仮説1は支持されたが,仮説2は支持されなかった。高齢化が進んだ過疎/農村地域で,旧来型の相互扶助機能が,福祉的な態度に転化している様子が窺えた。本稿では,住民の助け合いの態度に焦点を合わせたが,地域における高齢者の福祉の保障を考えるためには,地域の社会資源の量的評価も行う必要がある。また,今回の調査では,地域福祉活動の効果を認めることができなかった。より適切な指標を探し,評価を試みたい。

This paper is based on a survey conducted on the elderly in three areas (in two cities in Japan) of different socio-economic backgrounds, to evaluate the state of community-based welfare. Findings of previous studies imply two hypotheses: (1) the elderly give higher evaluation to the state of community-based welfare in rural areas rather than urban areas; and (2) in urban areas, higher evaluation will be given when the community promotes the welfare-centered community development plan. In the survey, respondents were asked to evaluate the state of community-based welfare by agreeing/disagreeing to five kinds of opinion at four levels. Scored evaluations for each opinion show a positive correlation in every case. The average factor score was calculated in each area, using a one-way analysis of variance, and the results support hypothesis (1). Then setting the factor score of the factor as the dependent variable, the author conducted multiple regression analysis in order to clarify the factor affecting it, by applying the respondents'gender, age, length of residence in the area, place of residence, number of family members living together and frequency of interaction with children living separately. The result shows that higher evaluation is given to the state of community-based welfare when the respondents are older and living there longer. In the case of Kure City of Hiroshima, a higher evaluation was seen in Yutaka Town residents, while in Shobara City of the same prefecture, the same was observed in Saijo Town and Hiwa Town. Despite the welfare-centered community development activity, a lower evaluation was given to Kawajiri Town of Kure City, Hiroshima, which did not support hypothesis (2). The author wishes to continue examining other areas, seeking more appropriate indexes to show the state of community-based welfare.

査読の有無
査読有
掲載雑誌名
現代社会学
11
開始ページ
15
終了ページ
28
出版年月日
2010-03
出版者
広島国際学院大学現代社会学部
ISSN
1345-3289
NCID
AA11439362
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
旧URI
区分
hkg