Motivating ‘Under-Achievers’ -A Task-based Approach A Case Study: The Interview Project

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hkg/metadata/6574
ファイル
タイトル
Motivating ‘Under-Achievers’ -A Task-based Approach A Case Study: The Interview Project
別タイトル
「評価点以下の生徒」への動機づけ―タスクベースの手引き事例研究 :インタビュープロジェクト―
著者
氏名 Higginbotham George
ヨミ ヒギンボサム ジョージ
別名
氏名 Moore William
ヨミ モーア ウィリアム
別名
キーワード
Motivation
Task-based learning
Vocabulary Acquisition
動機づけ
タスクベース学習
単語習得
抄録

This study presents a task-based learning project undertaken with low-level, non-English major students in a Japanese university. In particular, the study evaluates the project in terms of motivation and vocabulary acquisition. Questionnaires, pre-project and post-project vocabulary tests from The Interview Project case study support the authors'view that this approach is both motivating and leads to a good uptake of words. The study begins with a review of relevant literature, and is followed by a discussion that establishes the extent to which the project achieves faculty objectives, pedagogical benefits to students, and problems encountered along the way. In the final analysis, the authors argue that although the priority for low-level students needs to remain on learning high frequency words, if the learning environment is motivating, providing limited exposure to low frequency vocabulary will result in higher level learning opportunities for students.

この論文研究は日本の大学で英語を専門としない、英語力の低い学生にタスクベース学習プロジェクトの実施を提案するものである。特に、動機付け、単語習得の点でプロジェクトを評価している。インタビュープロジェクト事例研究よりアンケート、学習前・後単語テストで、この試みは動機づけにも単語を十分理解するのにもつながるという作者の考えを支持するものである。つまるところ、著者は、英語力の低い学生が高頻度頻出単語学習していく必要はあるが、学習環境が興味深ければ、低頻度頻出単語を限定して見せ与えることが学生にとってより高いレベルで学習する機会となることを論じている。

査読の有無
査読有
掲載雑誌名
現代社会学
11
開始ページ
39
終了ページ
51
出版年月日
2010-03
出版者
広島国際学院大学現代社会学部
ISSN
1345-3289
NCID
AA11439362
本文言語
英語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
旧URI
区分
hkg