資源循環(リサイクル)論の原理 その3 : リサイクル

URI http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hkg/metadata/778
ファイル
タイトル
資源循環(リサイクル)論の原理 その3 : リサイクル
別タイトル
Principles of recycology III : Recycle
著者
氏名 金子 康紀
ヨミ カネコ ヤスノリ
別名 Kaneko Yasunori
氏名 中村 格芳
ヨミ ナカムラ マサヨシ
別名 Nakamura Masayoshi
氏名 遠藤 敏郎
ヨミ エンドウ トシロウ
別名 Endo Toshiro
キーワード
リサイクル
リユース
リデュース
発生抑制
廃棄物回避
リサイクル社会
再生利用
熱回収
自家再使用
recycle
reuse
reduce
3R
heat recovery
sound material
cycle society
NDC
518.523
抄録

This report deals with the discussions of the meaning of “recycle”, particularly the Japanese word “risaikuru”. The use of this word in Japan has become extremely varied. The authors investigated the word from the narrowest meaning to the broadest one and at the same time examined the terms which refer to “recycle” used in the Recycling laws of Japan. Significance of recycle was summarized and we made a proposal to be used the same wordings for the same concepts.

本稿はリサイクル,とりわけ日本語化して使われているリサイクルの意味と広がりについて考察したものである。「リサイクル」という言葉は日本語としてはいろいろな意味で使われるようになってしまっている。筆者らは,最も狭い意味から最も広い意味までを究明しあわせてリサイクル関連の法律でリサイクルを意味する用語を調査した。そして,リサイクルの意義を整理し,同じ概念のものは同一の用語を用いるべきであると提言している。

掲載雑誌名
広島国際学院大学研究報告
39
開始ページ
1
終了ページ
11
出版年月日
2006
出版者
広島国際学院大学
ISSN
1345-3858
NCID
AA11419398
本文言語
日本語
資料タイプ
紀要論文
著者版フラグ
出版社版
旧URI
区分
hkg